斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

読み物

モンスター・ペアレント候補はたくさんいても、一線を超え続ける真のモンスターはそうそういない

最近、私生活というか、親としての活動が何かとあって、ブログを更新していません。別に何も書かなくてもいいんですけど、最近思ったことをちょっとだけ書きます。 モンスター・ペアレントという言葉が使われ始めたのはもう随分前のことで、今時は誰に聞いて…

「中古品にはトラブルが多く我慢ができる気がしない。お金がないときに中古品を購入するのはあり?」

今日は読者からの簡単な質問に回答します。テーマは「中古で物を買うことの是非」です。 ※あれだけ流行ったブックオフは最近低迷。 中古品が怖い トピ主様 気になることがあってメールしました。 仕事の都合で中古車販売について調べました。「中古車 オーク…

山尾志桜里議員のスキャンダル報道への、荻上チキさんのコメントを聴いて「やっぱりラジオはいいな」と思った

昨日の夜、荻上チキさんが、山尾志桜里議員へのスキャンダル報道についてラジオでコメントしていました。 【音声配信】民進党・山尾氏の離党で考える著名人のスキャンダル報道荻上チキ▼2017年9月7日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」) これ…

子どもと一緒にスプラトゥーン2をプレイしたいけど、ほどほどにプレイする自信がないから買えない

2年前に爆発的なヒットとなったスプラトゥーンの『2』が先月発売されました。 『スプラトゥーン2』発売3日間で67.1万本を販売 Nintendo Switch向けソフトで過去最高の勢いに - ファミ通.com こちらも売れているようで、日々の生活でも目に触れる機会が増えて…

「夫が約束を破ってまた女物の下着を身につけていた。なぜ約束を破ったのか理解できない、信じられない」

久々にTroubleshooterです。 ※下着は下着でもこれなら?

恋愛・婚活コラムサイト『ホンネスト』での連載が始まりました + 仕事として文章を書く時に心がけていること

昨年4月に始まった『赤すぐ~みんなの体験記~』の連載が休止になりました。休止の背景は詳しくは聞いていませんが、読者投稿が増えていたので、サイトの方針が変わったのがありそうな気がします。 あなたの妊娠・出産・育児体験を聞かせてください!!←投稿ペ…

大人になった今でも、現実の人々の物語と同様にフィクション作品を楽しみ、影響を受けています

昨日の記事で少年ジャンプに触れたので、せっかくなので連載されている作品のうち、私が好きな『約束のネバーランド』について書きます。

「これはわたしとあなたの秘密なんだけどね……!」と言うだけで子どものテンションはものすごく上がる

このブログは、みなさんに育児のあるあるネタを提供するほっこりブログです。

祖父母から戦争の話を聞くのも楽しかったけど、どうやって子育てをしたか聞いておきたかった

私は子どもの頃、祖父母の話を聞くのが好きでした。祖父母は戦前生まれでしたから、当然話には戦争が絡んできます。苦労の連続ではあったものの、生存者バイアスもあるのか、本人たちが嬉しそうに話すので、こちらも楽しく聞いていました。 今は祖父母は全員…

「7年間付き合った彼が私と結婚する気がまったくなかった。でも、まだ好きな感情が残っている」

今日は読者からのモヤモヤに簡単にコメントします。

友達の夫/妻がSNSで浮気をしているのをたまたま発見。あなたはどうする?

Twitterのタイムラインで「友達の夫/妻がSNSで浮気をしているのをたまたま発見したら、どうするだろうか?」というお題が流れていたので、考えてみました。 ※なんとなく

以前と違って攻撃的になっていた子どもの友達を眺めていて思ったことを夫婦でつらつらと話す

ある日の夫婦の会話です。

誰かのレビューと「答え合わせ」がしたくてその作品を見ること、ありませんか?

この前、この小説を読みました。 〔少女庭国〕 (ハヤカワSFシリーズJコレクション) 作者: 矢部嵩 出版社/メーカー: 早川書房 発売日: 2014/03/07 メディア: 単行本 この商品を含むブログ (17件) を見る 読んだきっかけは、購読しているブログで紹介されてい…

ゴールデンウィークは休む

何を当たり前のことを言っているかと思うでしょうが、ゴールデンウィークは休みます。全般的にあまり活動的ではないようにします。旅行には出かけません。 ゴールデンウィークはどこも混んでいるからというより、ゴールデンウィークを使って英気を養うみたい…

かけたお金の分、愛情が生まれるという勘違い

久々に、Troubleshooter(読売新聞の人生案内英語版)の紹介です。

「簡単なご飯」に絡んだ料理への呪い

エゴサーチをしていたらこんなコメントを見かけました。 簡単でいいよって そんな簡単なご飯なんかないんだよう って言いたいわ。 .. 本題ではないが(ある意味では本題だが)、id:shiopon01さんの貼っているurlの頭がtopだったので「流石トピシュさん、こう…

「いい子だと言われるのが辛い」

まだ正月休みのボケボケから立ち直ってないので、今回も読者からの軽めのモヤモヤを紹介します。

まずは自分が伝えたいことをザクッと書いて、その後具体化していく「読者に優しい」「簡単な」文章の書き方

紙の本を書いているときに編集者さんに驚かれたのが、『まずはざっくり書いた後に、それを具体的にして増やしていく』という私の文章の書き方でした。どうやら、その編集者さんの経験では、著者がたくさん書いたものを削っていくことが多かったようです。 「…

あなたがWebでの活動内容から個人を特定され、共通の知人から連絡を取られたらどうしますか?

私だったら、しらばっくれますね。しつこく言い寄られたら、Webでの活動を止めます。 以上、本題です。以下、余談です。

「トピ主」はトピシュと読むものです。繰り返しますが、トピシュと読みます。

Googleもトピ主をトピシュと読むことが正しいことをついに認めました。これがその証拠です! Googleで検索ワード「トピ主」で検索するとPCでもスマホでも一番目に表示されるのが、このブログになります。このブログの著者である私の名前は、とぴしゅえつこと…

わたしは高校時代、つまらない授業をほっぽって自分で勉強して、アルバイトに精を出し、そのお金で古本を買い漁り本の楽しさを知った

モヤモヤ特集の編集が済んでいないので、他の話でお茶を濁します。 本の中で書こうか少し悩んだんですけど、全然話が繋がらなそうで書くのを止めた、高校時代のエピソードでも一つ。

キレイゴト抜きのモヤモヤ解決本を"紙"で出版します。『私って甘えてますか?』

去年の12月にKindleで電子書籍を出版しました。おかげさまで大体5000部ぐらい購入いただいたのですが、この電子書籍を読んだ出版社の方から「本にしませんか?」と声をかけられ、なんやかんやがあって、今月出版するに至りました。 正式な発売日は11月21日。…

Googleで名前を検索すると"離婚"とか"再婚"がサジェストされちゃう人の初婚・離婚・再婚本

ちょっと前だと一番上が離婚だったんですけど、今は再婚の方が上に来ていますね。 この、Googleで名前を検索すると"離婚"とか"再婚"がサジェストされちゃう水谷さるころさんが初婚・離婚・再婚本を出されました。

「ウォーターをしてほしい」

この前子どもに「ウォーターをしてほしい!」と言われて一瞬混乱してしまいました。 ※間違い探し

実家に帰省して「自宅は自分が住み良いようにカスタマイズしてきたんだな」と気付く

先日実家に帰省して、つくづく自宅は自分が住みやすいように自分仕様にしているんだなと思いました。

感動のエピソードがネガティブに見えるのは「高校野球の運営に対するイメージが悪い」のが大きい

この感動のエピソード風の記事が「感動できない!」という方向で叩かれています。 秀岳館吹奏楽部「野球部と日本一に」 大会断念し甲子園へ - 西日本新聞 一方で、なぜ叩かれるのか分からない人もいるようです。 なんで叩かれてるのか、わからなーーーい!!…

シン・ゴジラ、見てきました!

『シン・ゴジラ』の発言小町風感想を書きます。『シン・ゴジラ』を愛していたり、ネタバレが気になる人はそっ閉じしてください。 なお、私が『シン・ゴジラ』を観たのは一回だけです。他の人のレビューは読んでいません。内容に間違いがあるかもしれないこと…

ある事件の加害者の思考は他人事であり、自分の問題として向き合うなんてことはしません

どうやら大事件が起こったみたいで、色んな分析がされていて、「事件の加害者の思考を咀嚼して、他人事ではなく自分の問題として向き合う必要がある」みたいなことを言ってる人もいるみたいです。 そういう風にしたい人がいるのは否定しませんが、自分はこう…

子どもの教育と部下の教育、やり方は一緒

相手のペースに合わせられず仕事の引き継ぎに失敗したというブログ記事を読んで(もう消えてます)、ああ、これは育児での失敗に似ているなと思いました。 よく書いてますけど、部下や同僚を育てるのと育児は私の中ではほとんど同じ作法でやっています。 部…

おもいっきり感情移入して答える高橋源一郎さんの人生相談 「8年在籍して(大学を)満期除籍」 「拘置所の独房に8カ月ほど滞在」

ちょっと前に毎日新聞に掲載された人生相談が話題になっているようです。 毎日新聞 人生相談 次男の交際相手に納得できない=回答者・高橋源一郎 29歳次男の交際相手に夫婦で納得できず悩んでいます。相手は27歳で遠距離交際が3、4年続き、そのうち熱…