斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

恋愛

子どもの自己肯定感を育むために、毎夜毎朝「大好きだよー」とギューっと抱きしめている

というのは方便で、私自身が子どもを抱きしめたいから抱きしめているんですけどね。 ※出所:自己肯定感を高め、自らの手で未来を切り拓く子供育む教育の実現に向けた、学校、家庭、地域の教育力の向上(第十次提言参考資料)。相関関係は確認できるが、因果…

泥ママ、ストーカー、DV、育児ノイローゼ……辻村深月さんの『鍵のない夢を見る』は分かりやすいスッキリさがない、モヤッとしたところが面白い小説でした

何か面白い小説を読みたいなと思って、最初に日本ホラー小説大賞受賞作をチェックしてみたんですけど、どうもピンとこなかったので、そういえば直木賞受賞作ってまともに読んだことがないのではないか?と思って、ネットでぱぱっと調べて、評判が良かった辻…

『凪のお暇』が、超超超超いい。登場人物の事情の深掘りがいい。節約料理も好き

2019年の「このマンガがすごい!」オンナ編で第三位にも選ばれた『凪のお暇』が超超超超いいので、私が好きなところを紹介します。 多少ネタバレはあるので、読みたいなと思っている人は、まずは1巻の1/3ぐらいが無料で試し読みできるので、先にそちらを読ん…

同性婚の概念を子どもに教えたら「パパと結婚したい」が「ママとも結婚したい」になった

確か、東京都の渋谷区で同性カップルを結婚相当と認定する条例ができたときなので、2年ぐらい前に、子どもに同性婚の概念を教えました。 渋谷区パートナーシップ証明書 | 渋谷区公式サイト その後も、『弟の夫』や『きのう何食べた?』や『やがて君になる』…

羽毛布団を買ったのは誰だ?

先日、夫婦で日々生活の質が改善していっているという話をしていて、私が「羽毛布団も快適だよね。私は付き合う前から使っていたけど」と言うと、パートナーは「羽毛布団は付き合ってからでしょ。だって自分がお勧めしたんだから」と言います。 私が何度「い…

考えが足らない、思っていることを伝えない登場人物たちが、公認不倫という設定を与えられて苦しんでいるのを見て楽しむ、渡辺ペコの『1122』(いいふうふ)

前から書く書く言っていて、書いてなかった、渡辺ペコさんの『1122』(いいふうふ)のレビューをします。 以前ブログでも宣言していたし、世界の姑ことid:kukkyさんにもお願いされていたのに、随分お待たせしました。 それを読んだトピシュがブログネタ…

「バリキャリの友人が浮気されたのに適齢期で相手がいないからと結婚しようとしているのにモヤモヤ」

今日は久々に、読者からメールでいただいたモヤモヤを紹介する一人小町です。 友人が浮気されたが付き合いの長さから結婚しようとしていてモヤモヤ トピシュ様こんにちは。 いつもブログを楽しく拝見しております。summerと申します。20半ばの女です。 今回…

5歳男児から「鉄棒のとき女の子のパンツが見えてエッチだった(恥笑)」と言われたらどう対応するか

このTweetが話題になっていたので、 ここ数日すっっっっっげーーーー悩んでるんだけど、5歳が幼稚園で鉄棒して遊んだらしく、「〇〇ちゃん(女の子)が回った時パンツ見えてエッチだった」ってちょっと恥ずかしそうにでもエヘラエヘラ笑って言ったので、正直こ…

「エンタメ関係にコネはないが舞台俳優と付き合いたい」

今日は読者からいただいたご質問に簡単に答えるものです。舞台俳優と付き合いたいけれどどうしたらいいかというもの。 Q. 舞台俳優と付き合いたい 斗比主さんへ はじめまして。いつも楽しくブログ拝読しています。 質問したいことがあり、メールいたしました…

「自営業の彼氏がゲイだとバレるのを恐れて同棲してくれない。日中デートしてくれない。自分は人に見られたら恥ずかしい存在なのか」

今日は一人小町です。「自営業の彼氏がゲイだとバレるのを恐れて同棲してくれなかったり、日中デートしてくれないことにモヤモヤする」というメールをいただきました。 Q1. 自営業の彼氏がゲイだとバレるのを恐れて同棲してくれない 斗比主閲子さま はじめま…

「7年間付き合った彼氏と別れました!会社も辞めました!実家に戻りました!もう一生独身でいいかも!」

昨年の記事のこの記事(7年間付き合ったが、彼には結婚する気がなかった)の後日談となります。 「7年間付き合った彼が私と結婚する気がまったくなかった。でも、まだ好きな感情が残っている」 - 斗比主閲子の姑日記 その後のご報告をいただくことは結構ある…

デートでダンケルクを観る是非について

現在公開中の、クリストファー・ノーラン監督の映画『ダンケルク』を観てきた後での夫婦の会話です。

とある女性がブログで書いた離婚理由に覚える違和感

このブログを読みました。 橘桃音は離婚しました。私達夫婦が離婚した理由と離婚後の人生で最も大切にしていきたいこと | ももねいろ きっかけは、このブログについて、 ホッテントリ入りしてる離婚報告がわけわからん 自分がこのへんの読解力がまだまだ甘い…

不倫

一般論です。 ※夏といえばアサガオ

「彼女から別れを切り出されて、まだ未練がある。この気持ちをどう処理したらいいか」

読者から「彼女から別れを切り出され、まだ未練がある」というモヤモヤのメールをもらいました。詳細は掲載できませんが、対処法について一般化できる部分のみ簡単にブログに書いておきます。