斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

お勧めの○○

古いコンテンツも古いという先入観なしに接すればそこそこ楽しめることがある

さっき見たこの記事読んで、 古いコンテンツを楽しむ為の資質というものがある: 不倒城 n=少数の話が書きたくなったので、ダラダラと適当に書きます。好きな人だけどうぞ。 記事では古いコンテンツを楽しむためには資質がいることがあるみたいなことを書かれ…

私「お腹の中にいたときのこと覚えている?」→子「脳が発達していないから覚えていない」

世の中には胎内記憶であったり、それどころか受精卵よりもっと前の段階から記憶がある子どもがいるそうです。「雲の上からお母さん、お父さんを見ていたよ」とか。 ほとんどの場合が、子どもが学習した結果だと私は考えています。子どもが実際に何かを記憶し…

考えが足らない、思っていることを伝えない登場人物たちが、公認不倫という設定を与えられて苦しんでいるのを見て楽しむ、渡辺ペコの『1122』(いいふうふ)

前から書く書く言っていて、書いてなかった、渡辺ペコさんの『1122』(いいふうふ)のレビューをします。 以前ブログでも宣言していたし、世界の姑ことid:kukkyさんにもお願いされていたのに、随分お待たせしました。 それを読んだトピシュがブログネタ…

『きのう何食べた?』14巻 第106話 p.36が素晴らしかった。"子どもがいなくても家族"を1ページで描いてる

私は『きのう何食べた?』が大好きです。ブログでも何度か紹介した通り、キャラクターや人物もそうだけど、料理も大好きです。私が読み終わると姑に貸している作品の一つでもあり、姑と内容を話すこともあります。 最新刊の14巻も、安定のクオリティで、しみ…

「自分の人生を強姦されていると思っている人は、他人の人生を同じように攻撃すると、少し気が晴れるのかもしれなかった」

タイトルは、村田沙耶香さんの小説『コンビニ人間』から。 『コンビニ人間』は2016年の芥川賞を受賞して、その存在は知っていたのですが、特に読もうとは思っていませんでした。芥川賞受賞作はつまらなそうだという思い込みがあったから。 ただ、何かの機会…

子どもの学費相当(400万円)をジュニアNISAで運用する

ジュニアNISAという制度をご存知でしょうか。 我が家では、子どもの人数分×400万円をこのジュニアNISAで運用予定です。その辺をちょっと紹介します。特定の証券会社に誘導することはしませんから、警戒頂く必要はありません。 ジュニアNISAの概要 詳しくは金…

スマートスピーカーという名のニュース読み上げ兼タイマー兼ミュージックプレイヤー、超便利

我が家にスマートスピーカーが来て結構経ちましたが、大変便利に使っています。 スマートスピーカーの主な用途は、ニュース読み上げ、タイマー、ミュージックプレイヤーの3つです。色々な家電と連携するスマートな使い方が本来できるはずですが、特に我が家…

『カメラを止めるな!』(映画)はもう少し期待値を下げて観に行っていたら最高だったと思う

今日紹介するのは『カメラを止めるな!』(映画)になります。アニメが2作続いたので、実写も入れておこうかなと。 とは言っても、これまでの2作のように作品の中身に触れるレビューはしませんネタバレは一切ありません。以下、理由を説明します。お好きな人…

『未来のミライ』(映画)は相当モヤモヤしました

今日は細田守監督の現在公開中の最新映画である『未来のミライ』を紹介します。 以前、『バケモノの子』のレビューで書いた通り、私は細田守監督の直近の作品は映画館で観てきたので、今作もと思ってはいたのですが、前評判が悪かったので、かなり躊躇をして…

ヴァイオレット・エヴァーガーデン(アニメ)が面白かった

もうすぐお盆に突入し、帰省先とかでやることがなくて良いエンタメ作品を探している人も多いかと思い、今日から三日ぐらい、最近私が消費したエンタメ作品の紹介をします。 今日は、アニメ作品のヴァイオレット・エヴァーガーデンです。 ヴァイオレット・エ…

「娘が漫画を読むのが心配だったのは、私が本を読むこと以外であまり親から褒められなかったことが影響しているかも」

発言小町で、トピ主がトピを立てた後(相談した後)の後日談って気になりますよね。私にメールを送って来られた人の中にも、後日談だったり、ブログに載った後の感想だったりを送ってきてくれる人がいます。 今日は、2ヶ月前に紹介した「漫画に慣れると本を…

子どもに何かを継続して続けてもらうための習慣作りを考える

私が注目している調査に『全国学力・学習状況調査』があります。毎年全国の小6・中3の学力を調査しているやつですね。 なぜ注目しているかというと、親の収入が低くても子どもの学力が高いファクターが何かを確認するためです。前提として、この調査では親の…

「漫画に慣れると本を読めなくなる、それは迷信なんでしょうか?」

今日は一人小町というか、読者から頂いたちょっとした疑問への回答です。 Q.漫画に慣れると本を読めなくなる、それは迷信なんでしょうか? topisyu様 初めまして、こんにちは。年長の娘を持つ母です。同じ子を持つ親として、ブログの子育てネタはいつも大変…

Netflixで英語音声・英語字幕で日本のアニメ見るの楽しい。巻き戻し・早送りボタンがイマイチだけど

Netflixが字幕に力入れているという記事を見かけて、 Netflixにおける日本語字幕の導入 – Netflix TechBlog – Medium 興味本位でNetflixをインストールしてみたら、日本のアニメが英語音声・英語字幕で見られることが分かり、ここ2週間ぐらいハマって見てま…

子どもたちがどうやら「漫画好き」になってきたので、意識してやったことを書いてみる。

こんなTweetを見かけました。 出版社も本屋もこのへんほんと対策考えないと、今の少女漫画も近い将来、古典文学の原典みたいに「文法知らないと読めない、限られた人にしか共有できない趣味」になってしまうのかなあとちょっとしみじみした…… — じゃりねこは…

「スパルタ式で育てられた夫は、家庭より仕事を優先。息子には泣くまでガンガン教育。妥協点が探れず結婚生活はもう無理かもしれない」

今日も読者から頂いたモヤモヤメールの紹介です。「子どもの頃苦しみながら勉強させられた夫が、自身の息子も同じ目にあわせようとしていて、その上、仕事が最優先で、結婚生活に支障をきたしている」というモヤモヤです。 Q1. 自己肯定感が低い夫が家族より…

「あたしおかあさんだから」は母親だけではなく子どもにも呪いをかける歌

絵本作家ののぶみさん作詞の『あたしおかあさんだから』という歌が炎上しています。 母親の子育ての我慢を歌った『 #あたしおかあさんだから 』が物議を醸す→対抗して #あたしおかあさんだけど にメッセージが集まる - Togetter 母の自己犠牲を描くとなぜ炎…

第一生命アンケートで“男の子の将来の夢” 1位が「学者・博士」になったのは仮面ライダーの影響? 標本の抽出方法がおかしいから?

第一生命によるアンケート調査のニュースについて、 “男の子の将来の夢” 1位は15年ぶりに「学者・博士」 | NHKニュース こんなTwitterコメントを見かけました。 男の子のなりたい職業で15年振りに「学者・博士」が1位になったってニュースで、「理由は日本人…

年末の大掃除で実家・義実家の電球・シーリングライトをほぼすべてLED化

大掃除の機会に実家と義実家の電球・シーリングライトをほぼすべてLED化しました。 LED化は省エネ・虫が集まらないこと・交換の手間を減らすこと 目的の一つは省エネです。電気代に占める照明器具の割合は一般に10~20%であり、照明器具のLED化をすることで…

デビュー作でミステリーランキング三冠達成『屍人荘の殺人』を読んで一番頭に残ったもの

私が信頼している小説の読み手の方が、紹介していたので『屍人荘の殺人』を読んでみました。(以前、この人からはメタミステリを個人的に紹介されたこともある。) “アレ”であふれる山荘の密室殺人 今村昌弘「屍人荘の殺人」 - あざなえるなわのごとし 読ん…

アニメ『メイドインアビス』の続編制作が決定して凄く嬉しい。未見ならぜひ見て欲しい

今年の夏に放映されていたアニメ『メイドインアビス』の続編制作が決定したことを知りました。 「メイドインアビス」続編制作決定!ボンドルド(CV:森川智之)の新規収録ボイスで告げられたPVをご覧ください。https://t.co/0jfaSesvMc #miabyss — TVアニメ…

高校での地毛の黒染め強要、明るい地毛での卒業式の出席拒否、地毛証明書……多様性はお題目?

このニュースが話題になっていました。 「黒染め強要で不登校」生まれつき茶髪の女子高生が提訴:朝日新聞デジタル 大阪の高校が女子生徒に対し、地毛だと分かっていても何度も染めさせていたそうです。結果、生徒は不登校になったというもの。

悩んでいる人との会話で「上手いこと言えた!」と思ったら失敗。話を聞くのが基本

福井県池田町の中学校の、男子生徒の自殺に関する報告書(概要)を読みました。 中学校生徒自死に係る報告書概要について | 福井県池田町 この報告書、今現在は、 ※御遺族様の申出により、調査報告書(概要)の当ホームページへの掲載は差控えさせていただい…

「同僚との学歴差に苦しむ夫が『息子(5歳)を難関中学に入らせるため今すぐ塾に通わせたい』と言ってきた」

今日は子どもの中学受験についての読者とのメールでのやりとりを紹介します。

デートでダンケルクを観る是非について

現在公開中の、クリストファー・ノーラン監督の映画『ダンケルク』を観てきた後での夫婦の会話です。

登美丘高校ダンス部はブラック部活動なのか

エゴサーチしてたら、 7万リツイートを超え、有名人からも絶賛の嵐。大阪府立登美丘高校ダンス部 振付師 akane に独占インタビュー | ダンスの情報サイト Dews(デュース) 自分は、彼女達の努力と凄さに感嘆しつつも切っても切り離せない「部活」のあり方に、…

政治家の不倫とかカップラーメンとか胃もたれするから勘弁して欲しい

私は常々申し上げている通り、実名のスキャンダルは好きではありません。揉め事は、メディアを介さない、匿名の、当事者発信のものに限るというのが私のスタンスです。 実名のスキャンダルなんていらない - 斗比主閲子の姑日記 先週とある議員のスキャンダル…

山尾志桜里議員のスキャンダル報道への、荻上チキさんのコメントを聴いて「やっぱりラジオはいいな」と思った

昨日の夜、荻上チキさんが、山尾志桜里議員へのスキャンダル報道についてラジオでコメントしていました。 【音声配信】民進党・山尾氏の離党で考える著名人のスキャンダル報道荻上チキ▼2017年9月7日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」) これ…

「個人の経験談の寄せ集めはデータではなく、エビデンスでもありません」(『「原因と結果」の経済学』から)

中室牧子さんの『「原因と結果」の経済学』を読みました。 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法 作者: 中室牧子,津川友介 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/02/20 メディア: Kindle版 中室牧子さんといえば、話題になった『…

大人になった今でも、現実の人々の物語と同様にフィクション作品を楽しみ、影響を受けています

昨日の記事で少年ジャンプに触れたので、せっかくなので連載されている作品のうち、私が好きな『約束のネバーランド』について書きます。