斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

政治

みんながみんな悪いことをしてるとは思わないんだけど

極わずかの事例でも、全体として悪い行いが蔓延しているんだろうなと思うことはあります。 例えば、この前の関大の選手を日大の選手が監督の指示で反則プレーで大怪我させたらしいというもの。日大はアメフトでは東日本で一番の名門らしいので、とすれば、こ…

週刊新潮が財務次官(58)の母親にインタビューして謝らせている

現在、盛んに報道されている財務次官の一連の出来事については実名のスキャンダルであるということもあり、正直あんまり手を出したくなかったんですが、契約しているdマガジン(月額定額で雑誌が読み放題のサービス)で、話題になっている週刊新潮の今週号を…

上司よ、「指導の仕方」知って 新入社員を理解し気を楽に

この記事読んだんですけど、 新入社員よ、「叱られ方」知って 上司を理解し気を楽に:朝日新聞デジタル タイトルは本質的には逆であるものですよね。新入社員が叱られ方を学ぶんじゃなくて、上司が新入社員の指導の仕方を学んだほうがいい。 記事の中では、 …

DV事件の報道で被害者が『10代の妻』であることを強調する必要はあるんでしょうか

先日、とある経済評論家がDV容疑で逮捕されました。 その件に関する報道で、妻が10代であることをタイトルに持ってきた(スポーツ誌以外の)主要メディアの報道が以下の通りです。 傷害容疑:経済評論家の三橋貴明容疑者逮捕 10代妻殴る - 毎日新聞 10代…

「ブスとか美人とか貧乳とか巨乳とか、人の容姿に関わることやコンプレックスに関わることは、すべて話しちゃいけない」の?

たまたま、 「ブスとか美人とか貧乳とか巨乳とか、人の容姿に関わることやコンプレックスに関わることは、すべて話しちゃいけないことになるのはおかしい」 という発言を見かけました。 誰が言っているかは別として、こういう発言をしている人や、心のなかで…

高校での地毛の黒染め強要、明るい地毛での卒業式の出席拒否、地毛証明書……多様性はお題目?

このニュースが話題になっていました。 「黒染め強要で不登校」生まれつき茶髪の女子高生が提訴:朝日新聞デジタル 大阪の高校が女子生徒に対し、地毛だと分かっていても何度も染めさせていたそうです。結果、生徒は不登校になったというもの。

政治家の不倫とかカップラーメンとか胃もたれするから勘弁して欲しい

私は常々申し上げている通り、実名のスキャンダルは好きではありません。揉め事は、メディアを介さない、匿名の、当事者発信のものに限るというのが私のスタンスです。 実名のスキャンダルなんていらない - 斗比主閲子の姑日記 先週とある議員のスキャンダル…

山尾志桜里議員のスキャンダル報道への、荻上チキさんのコメントを聴いて「やっぱりラジオはいいな」と思った

昨日の夜、荻上チキさんが、山尾志桜里議員へのスキャンダル報道についてラジオでコメントしていました。 【音声配信】民進党・山尾氏の離党で考える著名人のスキャンダル報道荻上チキ▼2017年9月7日(木)放送分(TBSラジオ「荻上チキ・Session-22」) これ…

「個人の経験談の寄せ集めはデータではなく、エビデンスでもありません」(『「原因と結果」の経済学』から)

中室牧子さんの『「原因と結果」の経済学』を読みました。 「原因と結果」の経済学―――データから真実を見抜く思考法 作者: 中室牧子,津川友介 出版社/メーカー: ダイヤモンド社 発売日: 2017/02/20 メディア: Kindle版 中室牧子さんといえば、話題になった『…

働いている保護者も、保育士も、お互いに仕事を簡単に休めていないんですよ

このTwitterのまとめを読みました。 保護者『先生達は働いてないから知らないかもしれませんが仕事ってそう簡単に休めないんですよ』ちょっと何言ってるかわかりませんね… - Togetterまとめ 「(保育士を含む)いわゆる先生という職業の人は、世間知らず」と…

炎上の謝罪で「誤解を招いた」が追加燃料になるのは、受け手に責任転嫁しているように見えるから

私がいつも聴いているSession-22で、荻上チキさんが、 『防衛大臣の稲田朋美さんが、都議選の際に「自衛隊としても応援したい」と言ったことで「誤解を招きかねない言葉だった」として謝罪をしたこと』について、 「誤解を招きかねないと言うのは、受け手に…

「あんな(暴行・暴言する)男の代議士いっぱい」ということなら、議員離職したほうがいいし、専門家にかかり、アンガーマネジメントを習得させないと

自民党の豊田真由子衆議院議員が秘書への暴行を週刊誌にリークされ、自民党に離党届を出したそうです。

三つ指ついて親に泣きながらお別れして、好きな男の子の家に全員が嫁いでいくわけではない

この漫画を読みました。 【5話】娘に初ボーイフレンドが出来た時父はどうする…!? - 少年ジャンプ+α 娘が結婚する前提なのと、結婚したら別居する前提に立っている話です。 今時は傾向が変わっているんじゃないかなと、親との同居の数字を調べてみたんですが…

「『もう母親を愛そうとしないでいいんですよ』と聞こえた。楽になった」

先日、虐待の連鎖を取り上げましたが(虐待の連鎖を断ち切るにはどうしたらいいのか ~虐待の連鎖のエピソード集から~)、その後も、Twitterで紹介してもらった本を中心に、虐待絡みの本を読んでいます。 今読んでいるのはこちら。 消えたい: 虐待された人…

自分を守るために役割・職務内容を明確にする

『やさしい経済学』は日経新聞の中で私が好きな連載記事の一つです。

今年のクールビズ期間は5月1日から9月30日。アップスタイルはクールビズ。あと環境省公認萌えキャラクターは君野イマ・君野ミライ

まったく知らなかったんですが、クールビズの期間は環境省が定めてたんですね。 環境省_平成29年度クールビズについて この「COOL CHOICE」の主要施策のひとつとして、平成 17年度から推進している、夏期の室温設定の適正化とその温度に適した軽装…

原発事故で横浜市に自主避難していた男子生徒への「いじめ」に関する第三者委員会の報告書を読んで思ったこと

センシティブな内容も含まれるので、私がどういうスタンスでいじめを捉えているか、他の記事を読んでから、この記事を読むことをお勧めします。 いじめた側がいじめられる『聲の形』 少子化に合わせて先生の定数は削減しつつ、それとは別に学力対策・いじめ…

「貧乏なら中学から働けばいい。ちなみに私は家が裕福なので大学に行きましたし、貯金は3000万以上ありました」

とある衆議院議員のTweetに心温まっている人がたくさんいるようです。 上西小百合議員の給付型奨学金についての発言に関する突っ込みどころを整理してみる: 不倒城 心温まる発言が並んでいます。寒さ深まる中、心があったかくなる案件は貴重ですよね。 確か…

恋愛結婚はまだまだ当たり前。終焉するのは「結婚が当たり前」だった時代

恋愛をしないと結婚ができないという固定観念に疑問を投げかけ、恋愛結婚が当たり前だった時代が終焉を迎えているという記事を読みました。

死んだから「注目される」「変わる」のではない社会に

この手の話はすでに多くの人が言っていることですが、大切だと思うので私も書いておきます。

感動のエピソードがネガティブに見えるのは「高校野球の運営に対するイメージが悪い」のが大きい

この感動のエピソード風の記事が「感動できない!」という方向で叩かれています。 秀岳館吹奏楽部「野球部と日本一に」 大会断念し甲子園へ - 西日本新聞 一方で、なぜ叩かれるのか分からない人もいるようです。 なんで叩かれてるのか、わからなーーーい!!…

LGBT、障害、在日韓国・朝鮮人……いかにして多様性を理解するか

このニュースが話題になっています。 「ゲイだ」とばらされ苦悩の末の死 学生遺族が一橋大と同級生を提訴 www.buzzfeed.com 一橋大学のロースクールという場所を舞台にしていることがセンセーショナルな点ですね。法曹を目指している人間や、その育成機関が…

選挙では小学生以上の子どもと一緒でも投票ができます

我が家は選挙には家族総出で行くようにしています。投票が終われば必ず外食をする。ちょっとしたお祭り感覚です。 子連れで選挙に行かれる方はご存じだったかもしれませんが、これまでは原則子どもは投票所には入れませんでした。幼児(未就学児)だったら投…

妻が現状に不満・不安があってどうにかしたいと思っているときに、夫が「お前は学がないんだから俺の指示に従っていればいいんだよ」と言って上手く納まるか

そのやり方じゃ納得しないですよね。 ※このブログの読者は女性が多いから妻視点にしていますけど、妻を夫に、夫を妻に変えてもいい。 実際に、学歴や収入での差が夫婦間にあったとして、学歴や収入が高い方が、学歴や収入が低い方に対して、敬意なく、愚か者…

なぜ今、難民問題なの? 難民支援協会さんに聞いてみた ~6/20から表参道で写真展~

難民受け入れについて昨年ブログに書いたところ、難民支援協会の方からこんなメールをいただきました。

「寄り添う技術、相手をまず全面的に受け止める気持ちが私には足らない」

こんなTweetを見て、 スズコさんの視点、トピシュさんの寄り添う技術、相手をまず全面的に受け止める気持ちが私には足らない。 — なないお (@Nanaio627) 2016年5月21日 このなないおさんという方に何かあったのかなーと思っていたら、エゴサーチで、id:c_shi…

余裕がなくなって言葉が暴力的になった時の対処法/叩かれそうなことを書く時に心がけていること

読者からの質問に答える週、最後は『一橋を出てニートになりました』というブログを運営しているニャートさんからもらったものです。今回はちょっと長文です。ざっくり言うと、政治の話をどう書くか、燃えないブログの書き方みたいな感じですかね。

停職期間中の公務員によるFacebookでの『不謹慎』な投稿にほっこりするか

今週は読者からの質問に簡単に答える週です。今日はこちら。

そうか!「妻にも不倫の責任がある」とすれば鎮火すると考えている人が炎上対策してるんだ

今年の参院選で自民党に擁立されると報道された人が、オープンに不倫をしていたということで、その事実と、それを受けた謝罪文が話題になっていますよね。 photo by milfodd ※火を見ていると落ち着く。

一橋大卒元編集者のニャートさんの記事に思う、「私があなたを見ていること」の伝わらなさ

一橋大卒元編集者のニャートさん(id:nyaaat)さんから先日の記事(「安倍首相はお金もあるし、子どももいないから未来の景気なんてどうでもいい」)についてブログ上で言及いただいたので、返信します。どうやらご本人はブログでやり取りされたいようなので…