読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

なぜ男性はスペック婚を我慢できるのか?なぜ私は私のデブス部分を我慢してくれるヒモとは結婚したくないのか?

また独身女性から結婚に関するモヤモヤを送っていただきました。前半はメールのやり取りを掲載し、後半はtopisyuによるコメントとなります。例のごとく、承認制でコメントを受け付けていますので、よろしければ読者の方も思ったことを書いてみください。なお、承認しないものもあること、topisyuはコメント返しをしないことご容赦ください。

1万字弱ありますので、お好きな人だけどうぞ。これまでのモヤモヤ(一部)を楽しめた方でないと厳しいと思います。


topisyuのモヤモヤへの回答へのスタンスはこちらとなります。

関係ないですが、デブスという言葉があまりに強烈で、木嶋佳苗さんが思わず頭に浮かびました。  

毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ

毒婦たち: 東電OLと木嶋佳苗のあいだ

 

 

1. メールのやり取り

相談文①

斗比主閲子様

捨てアド(に見えないと思いますが偽名です。隆子とお呼びください)から失礼致します。
おそらく、小町に投稿したら炎上しそうなネタなのですが、炎上させたいわけではなく、私にとってはネタでもなく、本当にモヤモヤしており、斗比主閲子さんに聞いていただきたくてメール致しました。

まず、私のスペックですが
・30代後半
・たぶん誰もが知ってる安定してそうな企業の子会社勤め
・女性管理職×年目
・年収1000万円以上
・未婚
・デブス
という、スペックだけでも炎上必至な状況です。

そんな私のモヤモヤですが、
私が男性なら、おそらくある程度デブスでも、ある程度性格が曲がってても、年収と勤務先というスペック的に考えると、そこそこ需要があり、結婚できたのではないかと思いますし、
女性であっても、ヒモを募集すれば結婚はできるのかもしれないと思うのですが、
1.なんで男性はスペック婚を我慢できるのか
2.なんで私は私のデブス部分を我慢してくれるヒモとは結婚したくないのか
の2点が目下のモヤモヤポイントなのです。

まず、1.についてですが、
結婚相談所で年収を必須で聞かれるのは男性だけですし、よく年収でその人を計っているような記述も見かけます。そして、多くの男性は、年収を以って良き結婚相手と判断されることについて、あまり疑問を持っていないように感じるのです。
また、そんな男性の選び方をする女性側についてですが、女性だからヒモと呼ばれないだけで、そんな専業主婦(願望のある人)はある程度家事ができるだけのヒモだと私は思ってしまいます。
なんでそんなヒモを抱え、自分の収入を食いつぶされることに、多くの男性は疑問を持たないのでしょうか……。

2.については、
私も多くを望んでいるわけではなく、その人が現時点の収入でその人一人分の生活をしていけているのであれば、非正規雇用でも、年収200万円でも構わないのです。仮に子供ができたとしても、その分は私の収入でカバーできますし。
(ただし、家事の分担については、年収見合いの比率にしてもらいたいとは少し思ってしまいます。)
ですが、そういう人は、私の年収を目当てに結婚したいヒモ予備軍に見えてしまい、そういう条件で相手を探す気になかなかなれません。
私は一人っ子で、一応ですが継げる家はありますので、相手の年収の条件を極限まで下げて婿養子を条件にするのもアリですよ、と、結婚相談所に入ってみようかと考えていたときに相談員の方に言われたのですが、それも気が乗りませんでした。

ただ、自分でも、気が乗らない理由が明確にはわかりません。
結婚願望が薄いのかもしれない、というのは幾つか考えた仮説の一つです。
(それでも、子供は欲しいような気がします。いまさらですけど。)
他に考えた仮説は、私は前述の1.が理解できないから、自分がそういう立場になるのが嫌なのではないか、というものでした。
ですので、1.と2.は私の中ではつながっており、メインのモヤモヤは2.ということになります。

なにしろモヤモヤ状態ですので、文章や背景などわかりにくいところが多々あるかと思いますが、こんな私のモヤモヤを、お時間があるときで結構ですので、客観的に紐解いていただけないでしょうか。

なお、本件につきましては、偽名の状態でしたら、blog等でそのまま公開して頂いても構いません。
(本メール宛にご質問等頂ければ、少しお時間を頂くこともあるかもしれませんが、返信させて頂きます。)

何卒よろしくお願いいたします。

 

返信文①

隆子さん

はじめまして、こんにちは!
モヤモヤの提供ありがとうございます。
これは面白いですね。このモヤモヤは同じものを抱えている人が沢山いらっしゃると思います。ブログで公開の上回答しますね。

それで、もし可能でしたら、
①お母さんは専業主婦かどうか
②(①の回答がYesかNoかに関わらず)お母さんは好きか、嫌いか、空気か
③職場で産休・育休は十分取れるということでいいか
④男性と付き合った経験はあるか
⑤仕事で稼いだお金はどう使用しているか(趣味、食事、旅行など自分のためか、友人と遊ぶなど他人のためか、ほぼ貯金か)
といったところを教えてもらえると、回答は鋭くなりそうな気がします。
センシティブなものもあるでしょうから、別に全て回答いただかなくても結構です。

斗比主閲子

 

相談文②

斗比主閲子様

早速のお返事ありがとうございます。
隆子(仮名)です。

私も、私のような人はある程度はいるのではないかと思うのですが、どう考えても、このモヤモヤを口に出すと、世間一般にケンカを売っているも同然だと思い、悩みごととして表明している人が少ないだけなような気がしています……。

ご質問についてですが、
①お母さんは専業主婦かどうか
→会社勤めよりは時間の拘束は少なく、好きなときに仕事をしており、さほど儲けていたわけでもありません。パートに毛が生えた程度かと。

②(①の回答がYesかNoかに関わらず)お母さんは好きか、嫌いか、空気か
→空気というよりは、若干好き寄りだと思います。私が若いときには反発もしましたが……。

③職場で産休・育休は十分取れるということでいいか
→その通りです。寿退社はまずなく、子供を何人か産んでる方、その後復職してる方が大半です。育休も短時間勤務も取り放題に近いです。
ただし、理系が多い会社なため、もともと女性の総数は少なめで、女性管理職の割合も高くありません。

④男性と付き合った経験はあるか
→あります。学生の時に3人ほど。
ただし、社会人になってからはありません。(デートもどきを何回かしたくらいのことはありますが)

⑤仕事で稼いだお金はどう使用しているか(趣味、食事、旅行など自分のためか、友人と遊ぶなど他人のためか、ほぼ貯金か)
→あまり贅沢はしておらず自分の学費分程度親に仕送りをしています。年収の割には貯金は出来ていないと思います。(預貯金で2000万ほど。)

このような回答で宜しいでしょうか。

自分でもいろいろ考えたのですが、時代の狭間というか、価値観の狭間に嵌まってしまっているような感覚があります。
これ、という幸せの型を見つけられなかったと言いましょうか……。

仕事については、たまたま普通に働いてたら、(一応、女性管理職ブームが来る前に)たまたま運良く出世してしまっただけで、仕事や出世が生き甲斐というわけではありません。

ついつい、「もう少し可愛く産まれていれば、こんな人生ではなかっただろうなあ」などと、考えても仕方がないところにモヤモヤの原因を求めてしまい、自分の人生を肯定的に捉えることが出来ません。
(親や親戚は美人なので容姿は親のせいではないです。たまたまパーツの組み合わせが微妙でした。)

やはり、一番の後悔は、子供が産めないことで、小町に書いたら、「ざまあみろ」と、間違いなく言われる人生だと思います。

どこかにこんな私が納得できる幸せの形が残されているものでしょうか……。

 

返信文②

隆子さん

回答ありがとうございます。
こちらかなりプライベートな内容が書かれているのでブログにそのまま掲載すると分かる人には分かりそうですね。身バレを防ぐため、いくらかフェイクを入れるようにします。

ブログに載せる前に簡単にコメントしますと、見た目のコンプレックスがあるけれど、見た目を含めて自分を好きになってくれる人がいて欲しい(お金で自分を見て欲しくない)ということですかね。

斗比主閲子

 

相談文③

斗比主閲子様

隆子(仮名)です。
度々のご返信、ありがとうございます。
また、内容を伏せる件につきましても、ご配慮ありがとうございます。

まとめていただいた部分ですが、

>見た目のコンプレックスがあるけれど、
見た目を含めて自分を好きになってくれる人がいて欲しい(お金で自分を見て欲しくない)ということですかね
→見た目と関係なく、自分を好きになってくれる人がいて欲しい、が近いかな、と思います。

見た目を除くと、残る表に出る部分は年収等の仕事に関するスペックで、そこで判断されるのは嫌だなあ、と。
ざっくりと言えば、男性でいう年収や女性でいう容姿というスペックで結婚する相手を探したり見極めるのが微妙、というところです。

じゃあ、中味(って性格とかでしょうか?)を好きになってもらうにしても、見た目には自信がないので、普段はついつい仕事で接するように男性に接してしまい、特に職場の人には私は男だと思われているような気がしますし(ただ、チビでもあるので、職場の年輩の方は、娘か孫のように接してくれます)、
肝心の、自分の性格がいい方と言えるのかについては、私自身にはよくわかりません……。
つまり、スペックだけではなく、中身の方にも自信はなく、自分の売りがよくわからないのです。

仕事の年収≒中身と思えたら、自己評価も上がって、楽なのでしょうが……。

毎回文章が長くなってすみません。
よろしくお願いいたします。

 

2. コメント

ここまでが隆子さんとのメールのやり取りです。ここからがメールのやり取りを受けての、topisyuのコメントとなります。

 

誰もが知っている有名企業勤務で、女性管理職、年収一千万円以上ということで炎上必至と思われていますが、それだけだと足りないですよね。平均的な小町ユーザーは、旧帝大卒、夫が医者、資産は一億円以上ですから。

炎上要素という意味では、

  • 結婚相手はイケメンに限る
  • 私より年収が低い男性は男には見えない

といったものが必要かと思います。

 

脱線しました。

 

ご質問は、

(1)なんで男性はスペック婚を我慢できるのか

(2)なんで私は私のデブス部分を我慢してくれるヒモとは結婚したくないのか

ですね。

それぞれコメントしていきます。

 

(1)なぜ男性はスペック婚を我慢できるのか

スペック婚とは初めて目にしましたが、相手のスペックを重視した結婚ということですね。スペックの中でも特に年収がポイントということでしょうか。ということで、隆子さんのご質問は、「なぜ男性は年収を評価されて求婚されることに我慢できるのか」と理解しました。

回答としては、

・男性が女性を養うものという意識がある(結婚相手が専業主婦となることを希望)
・専業主婦となることを希望せずとも、年収が評価ポイントとなるのは当たり前のことという認識がある
・ただ、年収だけで評価される(ATM扱いされる)のはよしとしない人も当然いる

ということかなと思います。

 

男性が稼ぎ女性が家で家事・育児をするというのは戦後専業主婦モデルが確立され急激に増えたものと理解しています。現在は共働き世帯が専業主婦世帯を上回っていて、その傾向が変わりつつありますが、


それでも、「男が外で働き、女は中で家を守る」というのがあるべき夫婦像と考えている人はまだまだいるでしょうね。

また、あるべきとは思わずとも、日本は長時間労働がまだまだ染み付いていますから、男性は結婚して子供ができてもなかなか家事・育児に関われなかったり、女性は働きながら家事・育児をすることは困難であったりします。女性が働きやすくなったといっても、未だ男女で賃金格差はありますし、保育園が足りない事情もありますし。

女性側としては専業主婦願望の有無に関わらず経済的には男性に依存せざるをえない構造があるというのが自分の見立てです。

 

女性側がそういう事情もあり、評価基準を年収に置くとすれば、男性としても(背景を知ってか知らずか)それが評価基準として重要だということは分かりそうです。分からずとも、普通「僕の何が好きなの?」に対して「年収だよ☆ミ」なんて回答をするはずないので、性格も含めてトータルに相性が良かったと信じていると思います。

 

また、男性の中にも色んな人がいて、年収を自分自身と見たり、年収で評価されることを嫌う人もいます。

自分よりも年収が高い女性とは結婚したくないという男性がかなりいることは結婚相談所で話された経験がある人なら分かると思います。そういう男性にとっては、年収=自分で、年収が高い女性は、その女性>自分。年収で家庭内での力関係が決まると考えている感じでしょうか。

結婚相談所に登録する年収について悩んでいます : 恋愛・結婚・離婚 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

外資系企業勤務のアラフォー独身女です。
ようやく婚活をはじめようと思い立ち、周りに出会いもないので結婚相談所に入会することにしました。
相談所によっては女性の場合プロフィールに年収は掲載しないようですが、ここは女性も年収の掲載も必須です。
ただ、女性の場合は年収が高い場合、男性が気後れしてしまうので下げて表示することも可能といわれました。
年収1200万なのですが、私の年収は下げて登録した方がよいのでしょうか。個人差があることだとは思いますが、男性の場合、自分より年収が高い女性は敬遠するものなのでしょうか…。

高給取りな仕事をしている人の中には、トロフィー・ワイフを獲得することに命を懸けている人もいますよね。

ただ、結果として、人間性なんてどうでもよく、一切会話もなく、ATM扱いされるというのは、ほとんどの男性が嫌でしょうが。2chの気団板でATMという言葉で検索すればよく分かると思います。

 

ダラダラ長くなりました。要は、「年収だけで評価されるているというわけじゃないと思うし、相手も求めていることだから、そんなものかな」という程度の意識なんじゃないかなと思います。

 

(2)なんで私は私のデブス部分を我慢してくれるヒモとは結婚したくないのか

それで、本題はこちらですが、隆子さんが書かれた仮説のうち、

他に考えた仮説は、私は前述の1.が理解できないから、自分がそういう立場になるのが嫌なのではないか、というものでした。

こちらを自分は押したいですね。いただいたメールの、この2箇所からそう思いました。

一つ目は、

また、そんな男性の選び方をする女性側についてですが、女性だからヒモと呼ばれないだけで、そんな専業主婦(願望のある人)はある程度家事ができるだけのヒモだと私は思ってしまいます。

これで、専業主婦に関するかなりネガティブな感情がありますよね。こういう感情があれば、年収がかなり低く専業主夫という形になりそうな男性に対しても嫌悪感を抱くことはありそうです。

二つ目は、

ですが、そういう人は、私の年収を目当てに結婚したいヒモ予備軍に見えてしまい、そういう条件で相手を探す気になかなかなれません。

これで、年収だけで評価されることへの嫌悪感を示されていますよね。

後のメールで、

私も、私のような人はある程度はいるのではないかと思うのですが、どう考えても、このモヤモヤを口に出すと、世間一般にケンカを売っているも同然だと思い、悩みごととして表明している人が少ないだけなような気がしています……。

自分でもいろいろ考えたのですが、時代の狭間というか、価値観の狭間に嵌まってしまっているような感覚があります。

とご自身で分析されている通り、専業主婦モデルからの転換期で、男性側の意識が十分に変わっているというわけではない中で、ご自身でも気持ちが切り替わっているわけではない印象を受けます。

 

これを助長しているのが見た目へのコンプレックスですかね。以下のようなコメントを頂きましたが、

>見た目のコンプレックスがあるけれど、
見た目を含めて自分を好きになってくれる人がいて欲しい(お金で自分を見て欲しくない)ということですかね
→見た目と関係なく、自分を好きになってくれる人がいて欲しい、が近いかな、と思います。

肝心の、自分の性格がいい方と言えるのかについては、私自身にはよくわかりません……。
つまり、スペックだけではなく、中身の方にも自信はなく、自分の売りがよくわからないのです。

年収だけで見てほしくないのに、では年収以外の要素である中身については自分自身でもよく分からない。

自分でも分かっておらず、何か見るべきものがあるという曖昧な自信さえもなければ、相手が自分の年収だけを見ているのではないか(ヒモになりたいのではないか)と疑心暗鬼になるのは不自然ではない気がします。

 

締め

長くなってしまいました。直接の質問以外のことも書いてみます。

隆子さんは、ご自身で、

結婚願望が薄いのかもしれない、というのは幾つか考えた仮説の一つです。
(それでも、子供は欲しいような気がします。いまさらですけど。)

こういうことを書いたり、

やはり、一番の後悔は、子供が産めないことで、小町に書いたら、「ざまあみろ」と、間違いなく言われる人生だと思います。

どこかにこんな私が納得できる幸せの形が残されているものでしょうか……。

と言われていますし、結婚の目的は、パートナーと暮らすことではなく、子供が欲しいということのようです。そういう観点では、未婚の母を目指すというのが選択肢としてはありそうです。日本では様々な要因から少ないですけど。


また、いざ結婚相談所で何人か会ってみれば、そのまま結婚するというのもありそうな気がするんですよね。

社会人になってから一度も付き合っていないということと、職場では女性に見られていないという意識があることから、そういうことが自分の中身について理解できていない背景にあるんじゃないかと思います。自分の魅力を考える機会がなさすぎた。

勇気付けるつもりは全然ないし、topisyuが言っても効果は薄いでしょうが、自分は隆子さんとメールのやり取りをしていて、ご自身の芯があること、距離感が適度であること、相手への心配りができること、(頭でっかちだけど)自己分析ができていることから、魅力的だと思いましたけどね。趣味と最近読んでいる本が知りたい。ぜひ、ブログを書いて欲しいです。