読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

MBA持ち元外資系現専業主婦30歳女性、現状に漠然とした不安を覚える

お勧めの○○ 一人小町 読み物 結婚 仕事

今週は読者からの心温まるモヤモヤを紹介するほっこりウィークです。

一人目はMBA持ち元外資系企業勤務の現在専業主婦である三田さんからいただいたモヤモヤです。メールのやり取りをQA形式で整理しています。

自分の回答スタンスとしては、スパっと問題解決を目指したり、背中を押すというより、傾聴寄りの案件です。8000字弱ありますので、忙しい人はブクマでもして後で読んでください。

 

Q1.一般的には恵まれている境遇かもしれないけど現状に不安があります

私は東京在住、現在30歳の専業主婦をしている者です。

モヤモヤは旦那さんとの関係性の築き方と自分が今後どうしたら日々不安を感じずに前向きになれるかということです。以下は相談に必要と思いますので、つまらない話ですが状況を説明させてください。 

前提情報「見た目と実態にギャップがある」

旦那さんとは最近結婚しました。出会いは合コンです。

私はいわゆる「肉食系女子」と言われるようなタイプのようで、見た目や言動から男性の気をひく駆け引きは得意な方だと思います。一方の彼は、容姿は良い方ではなく、アイドルを含む女性全般に興味が薄い(むしろ人間や動物にも興味が無い)いわゆる「草食系男子」です。

合コンの後は彼の方からプロポーズされ、とんとんと気づいたら現在に至るという感じです。

 

大学院はいわゆるMBAというやつです。私は経歴が少し変わっていて、

『旧帝大卒業→フリーターをしながら税理士資格取得→税理士事務所に勤務→MBA→外資系企業勤務→結婚を機に退職』

という感じで、あまり他の方に自慢できるような感じではないと自分では感じています。資格を持って働いていた業界は雰囲気に馴染めず、今回外資系企業でスカウトをしていただけた際にはとても嬉しく頑張ろうと感じていました。

しかし、MBAとしての知識はあっても事業会社での経験も無く、求められる仕事と自分の能力が合わずプレッシャーで鬱っぽくなってしまい無排卵になってしまったため退職の運びとなりました。 

モヤモヤ一つ目「夫とどういう関係性を築けばいいか」

まず一つのモヤモヤは、付き合いの浅い旦那さんと今後長期的にどのように関係性を築いていけば良いかということです。お互いに結婚が初めてのため、当然ですがどうやって夫婦になっていくのか手探りです。

私は以前、長年付き合っていた彼と婚約までしたが二股をかけられて別れたという経験があり、こういうことを言ったら嫌われるんじゃないかというような不安が強く自信がありません。起業家でよくあるスタートアップはできるけど、組織化は苦手というような感じでしょうか(汗

トピシュさんのブログでのご主人との関係についてや、ご紹介されていた本、サレンダードワイフ等々様々な夫婦円満のためのノウハウを読み漁っている感じです。客観的に見るととても前向きで、自由気ままに見えるタイプなのですが、常に漠然とした不安と焦燥感にかられています。

旦那さんは親が厳しく旧帝大を卒業し一部上場企業で勤務するなど親が納得するようなところを選んで真面目に生きてきたということで、元々は私の自由な感じに惹かれていたようです。なのですが、蓋を開けてみたら、自由気ままではあるが、その自由さに押し潰されそうになっている私を見て嫌いになるんじゃないかと不安です。 

モヤモヤ二つ目「専業主婦かキャリアを求めるか」

もう一つのモヤモヤは、今後自分がどうしたら良いかという迷いです。

本当に良い旦那さんなので「自分の好きなことを何でもしたら良いし、嫌なことはしなくても良い。幸せで笑顔でいてさえくれれば」と言ってくれます。仕事を辞めた理由の一つは前述の通り仕事とのミスマッチングだと思っているのですが、それだけではなく親を乗り越えられていないことにもあるような気がしています。

母はいわゆるキャリアウーマンで、ずっとバリバリと仕事をしてきて現在は企業の要職についています。私も小さい頃から「夢は大きく持ちなさい」「常に目標を持ちなさい」などなどの自己啓発を散々受けてきました。もちろん過剰なプレッシャーをかけられたり、毒親ではなかったのですが…退職し、時間ができた今は博士に進学するか起業するよう会うたびに言われています。私は忙しい母に変わり祖母(母も尊敬し、嫁姑関係は良好でした)に育てられたからか、裁縫や料理等が好きで比較的古風な価値観を持っていると思います。

外面的には私も母と同様に高学歴、ハイキャリアですが、内面では旦那さんとの生活を安定させ、祖母のような良妻賢母になりたい自分と、女性も仕事で成功することが一番で何の高い目標もない主婦では自分に価値がないと感じてしまう自分の間で葛藤をしております。

とりあえず、しばらくは資格を使ったバイトでもして奨学金や自分にかかる最低限のお金は自分で稼ごうとは思っています。ですが、専業主婦という選択も、バリバリ働くという選択もどちらにも舵が切れずに旦那さんの望むような自由気ままな幸せそうな自分とは程遠い状態でもやもやしています。

子どもは欲しいと思い、絶賛子作り中ですが、こんな感じで親を乗り越え切れていないまま子どもを持っても、目先の問題を見て、根本的な問題から目を逸らし続けることに変わりは無いんじゃないかと不安です。専業主婦という時間は自由になるけどお金や行動は制限されるという新しい環境に適応できずにモヤモヤしているものあります。

おわりに

長くまとまりの無い文章にお目通しいただきありがとうございます。いわゆる世間的には持てる者なので、相談ができる方が実生活ではおらず…。自分にはもったいないくらい良い旦那さんと今後幸せな家庭を作っていきたいなと思っており、トピシュさんにアドバイスをいただけたら助かります。

フェイク等を入れていただければブログ等に掲載していただいても構いません。そんなに美味しい相談ではないと思うので、そんな必要はないかもしれませんが…

 

A1.これまでどなたに相談されたか確認させてください

はじめまして。メールありがとうございます。派手なトラブルはないものの、十分美味しくいただきました。

同じような境遇の人は少ないだろうし、見た目がいわゆる「肉食系女子」ということであれば、確かに相談相手は少ないかもしれません。ご相談ということですが、踏み込んで話をする前に、いくつか確認させてください。

1. お名前は何とお呼びすればよろしいでしょうか?

2. 過去のキャリアの変遷はそれぞれどういうきっかけ・理由によって起きたものですか?ターニングポイントと呼べるようなイベントはありましたか?

3. 旦那さんには(1)過去二股された経験、(2)お母様からキャリアのプレッシャーを受けてきたこと、(3)お祖母様から古風な価値観を受け継いだこと、(4)前職は無排卵になり退職したこと、(5)夫婦関係or/andキャリアに漠然と不安があること これらをそれぞれどれだけ共有して(話して)いますか?

4. 同じMBAを卒業した友人・知人、昔からの友人・知人とは、ご自身のキャリアの話をどの程度話す機会がありますか? 悩んでいることは話したことはありますか?

5. お母様にキャリアに対する悩みをお話されたことはありますか?

6. お父様とお母様はどういう関係でしたか?それを見て、どう思っていましたか?

以上、簡単で結構ですのでお答えいただきますと助かります。

 

Q2.夫には何でも話せています。甘えられる人

返信ありがとうございます!

本当に返信がいただけるか半信半疑だったため嬉しく感じております。どうでも良いような相談ですがよろしくお願いいたします。

質問への回答

1. お名前は何とお呼びすればよろしいでしょうか?
三田でお願いします。

2. 過去のキャリアの変遷はそれぞれどういうきっかけ・理由によって起きたものですか?ターニングポイントと呼べるようなイベントはありましたか?
MBA前の資格での仕事の時は50〜60代の上司からのパワハラです。今回の外資企業の退職は、同じく上司(40代後半既婚女性)に急に感情の大爆発をされたのが背中を押した大きなきっかけになっています。キャリアのターニングポイントというのは特になくその時の思いつきと流れにのっただけです。結婚も同様です。

3. 旦那さんには共有しているか?
基本的に何でも相談してしまうので以下は全て話しています。

(1)過去二股された経験
元彼とは長かったため知人は私が元彼と結婚したと勘違いしている人もいるようですし、他人の口から入るよりかはと思い伝えました。 旦那さんは「そいつはムカつくけど、その経験あっての今の私だから気にしないで」と言ってくれています。

(2)お母様からキャリアのプレッシャーを受けてきたこと
彼も母の勝間和代感を分かっていると思います。

断る力 (文春新書)

 

※唐突な勝間和代さん

 

 

(3)お祖母様から古風な価値観を受け継いだこと
私が最初に彼に惹かれてデートに誘ったのが二人とも時代小説が好きだということでした。

(4)前職は無排卵になり退職したこと
無排卵になった時期には結婚の話になっていましたので知っています。

(5)夫婦関係or/andキャリアに漠然と不安があること これらをそれぞれどれだけ共有して(話して)いますか?
面倒見が良く、話しを聞くのが上手なので何でも相談をしてしまいます。前回のメールの内容くらいは話していると思います。その上で「自由にして良いよって言われるのが辛いなら、むしろ俺が働いてとか専業主婦になってとか言ったほうがいい?」と言ってくれています。

4. 同じMBAを卒業した友人・知人、昔からの友人・知人とは、ご自身のキャリアの話をどの程度話す機会がありますか?悩んでいることは話したことはありますか?
MBAの友人には軽く話したりはしますが、基本的には年上未婚女性が多く話しづらさはあります。また、以前に「三田ちゃんは若いしモテるからいつでも結婚できるだろうし、資格があるから仕事にも困らないし良いよね」って言われることがありました。また、MBAの友人でも40歳前後(未婚)の女性に急に感情の大爆発をされたことがあります。

愛想が良いので知人は多いですが友人は少ない方だと思います。数少ない女性の友人はオタク系やサブカル系、修道女と女性性が薄いタイプと思います。

最近気づいたのですが「天真爛漫」とか「自由奔放」と言われることが多いので、たぶん自己中で空気を読むことが苦手なため女性との付き合いが難しいのかと思います。いわゆる童顔巨乳というジャンルで男性は基本的に親切にしてくれますし、かつ兄のいる妹なため(恋愛以外の)男性との付き合いで困ったことはありません。

昔から色恋以外のことを相談するのは年子の兄でした。今でも2人で飲みに行くことがあります。兄と父には相当甘やかされていたと思います。旦那さんには兄以上に甘えられるので一緒にいて楽だと感じています。

5. お母様にキャリアに対する悩みをお話されたことはありますか?
したとしても母は「私が正しい」と言う人なので現在はほとんどしません。以前はしたこともありますが「これは私のことで、お母さんのことではない」と言って終わりました。

6. お父様とお母様はどういう関係でしたか?それを見て、どう思っていましたか?
父は気持ちが優しく押しの弱いタイプで人間関係もあまり得意ではないので、精神的にも金銭的にも母が主導権を握っています。

昔から父が頼りなくて嫌だから別れたいというような事を聞かされており、私もある程度大人になるまでは父の事をバカにしていたところがあったと反省をしております。
父は母に色々な選択も金銭的にも頼っていますが、むしろ母が成功したことを誇りに思って周りにも自慢するなど母に対して卑屈になったりはしていません。

どちらかが悪いということではなく夫婦もお互いに影響し合うものだと思うので、両親を反面教師に、周囲や子ども旦那さん自身にも旦那さんを軽んじるようなことは絶対に言わないようになろうと思っています。

客観的に見ると嫌な女?

時々大学等で女子学生に向けてキャリアについての講演をしてほしいと頼まれることがあるのですが、いつも振り返ると適当に流されてきたので見本になるようなものではないのにと恥ずかしく思いますが書いてみると本当にお恥ずかしい限りです。しかも、客観的に見てみるとなんだか嫌な女っぽいような気がして落ち込みます。

面識の無い方だからこそ正直なご相談ができるので、私としては大変ありがたいと感じています。むしろ面白いと感じていただければWin-Winですので安心いたします。

 

A2.自己評価が低いようなのでいくつか解決策を

三田さん

回答ありがとうございます。以下、質問した意図も含めてコメントしますね。

2の質問は、三田さんの物事の判断基準を確認するためのものでした。3~5の質問は、単純に誰か相談できる人がいるのか、夫や友人やお母さんとコミュニケーションが取れているかの確認するためのものでした。6の質問は、どのような家族を作りたいかについてご両親の影響がどれだけあるかを確認するためのものでした。

最初のメールやご回答を拝見して感じたのは『自己評価の低さ』です。

たまたま今自省モードなのかもしれませんが、ご自身で書かれている通り、随分ネガティブに自分を見ていらっしゃいますよね。確かに、それほどはっきりした指針をもって転職してきたわけではないかもしれませんが、一般的に言えば十分理由が分かるような流れに見えます。職場における人間関係というのは重要です。

また、友達は少ないかもしれないけれど、旦那さんとは良い関係が築けているように見える。お兄さんとお父さんともそう。とても問題があるようには見えない。

ここまで確認させていただいた上で、最初の質問に戻ります。

  • まず一つのモヤモヤは、付き合いの浅い旦那さんと今後長期的にどのように関係性を築いていけば良いかということ。
  • もう一つのモヤモヤは、今後自分がどうしたら良いかという迷いです。

これらはかなり漠然とした問題意識ですよね。背景としては、仕事や私生活で成功したという実感が持てていないために、自分に対する物足りなさを感じているというところでしょうか。

自己評価が低いという話であれば解決策としては、

  1. 自分の良いところ悪いところを整理し、それぞれ根拠を含めて書き出してみる
  2. 旦那さんやお兄さんや信頼できる友人などに1を見てもらって客観的なコメントを受け取る
  3. 日記を書く

といったところかなと思います。

目標ややりたいことというのは降って湧いてくるものではなく、これまでの自分を見つめなおすところから、自分に自信を持ち始めてから、徐々に湧き出してくるところがあります。自信を持つのには成果を持つというのもありますが、自信を持とうという気持ちさえ持てば、自信を持てるというマッチポンプ的なところがありますよね。

もしかしたらピンと来ない話かもしれませんので、よく分からないところがあればご気軽にお聞き下さい。

 

Q3.思い返してみると母は『毒親』だったのかも

お返事ありがとうございます。ご指摘いただいたことごもっともと思います。

この間、また某大学のキャリアに関する講義で、少しお話しをさせていただく機会があり、そこで「自信に満ち溢れて自由きままに生きていてすごいなぁと感じました」というようなコメントをいただきました。

何故か仕事や人前に出る時にはすごく堂々と自信満々なように見えるようで、今まではそういった外面的な自分を自分自身も信じようとしていたのかもしれません。結婚して小休止したことで、自省する余裕が出てきたのだと思います。

ご提案いただいた方法を試してみています。まだまだ自己評価は低いままですが、少しずつ、時間をかけながらですが頑張ってみようかと思います。

あと思ったことは、トピシュさんの過去ブログもまた読ませていただきやはり母はいわゆる支配的な「毒親」タイプなのかもしれないと思いました。

思い返してみると、今までのキャリア等について母はよく「あなたはお調子者だから。大学受験とか全部棚ぼたよね。本当に運が良かったわね」というように言っていましたし、私は十分寝ないと動けないタイプなのですが、それについても「根性無し。怠け者」と言われていたように記憶しています。

自分が母親を頼りつつも、何か言われるんじゃないかとびくびくしているなぁと自覚をしました。これを機に親離れをして、母から何を言われても気にしないようになりたいと思います。そのためにも、母との物理的な距離を取るのが一番必要かなと感じています。

お忙しいところ、ご相談にのっていただきありがとうございます。30にもなってなんだかなぁという感じでお恥ずかしいです><


締め

この相談は、最初は旦那さんの話やキャリアの話と思いきや、徐々にお母さんの話が増えていくところが面白いですよね。相手がいるからこそ、ちょっと突っ込んだ所に入っていけるというか。

最終的には自己評価をどう確立するかが最終的なポイントになっています。自尊心の話に限らず、

『①自己評価、②本当の意味での自分の能力、③他人による自分の評価』

はできれば一致している方が望ましいですよね。

自己評価が著しく低い人の場合は、③>②>①になります。これが、①>②>③となるとこれはこれで問題なんですけどね。調整方法としては、①②③がどう置かれているかまずは把握し、まずは①を自分の中で管理できるようにして②を鍛えていくと、③は後でついてくるものです。

三田さんは30にもなって恥ずかしいと仰られていますが、誰もがそれぞれ悩みがあるものです。自分の足りていない部分を恥と見るより、まだまだ自分に成長する余地があると視点を変更するのも有効ですね。

以上です。

なお、同じようなものに限らず、大抵のモヤモヤは美味しく頂きますので、気軽にetsuko.topisyu@gmail.comまでメールください。

なお、モヤモヤを送られる際は、

  1. 傾聴、叱咤、背中を押す、ロジカルなアドバイスのどれを求めているか
  2. モヤモヤはフェイクを入れた形でブログに掲載してよいか
  3. topisyuの存在を何で知ったか
  4. 今後どんなことをブログや本で書いたらいいか

を書いていただくようお願いします。

ある程度まとまった自分の読み物を確認したければ先月発売したこちらの電子書籍をどうぞ。