読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

Q.「機能不全家族の我が家。妹夫に借金発覚。母はデモデモダッテ。どうしたら?」 ⇛ A.「距離を取りましょう」

今週は、モヤモヤ特集ということで、読者からメールでいただいたモヤモヤする相談を三日連続で紹介していきます。三日目は、機能不全一家における妹の離婚です。無事?解決します。

http://www.flickr.com/photos/39399777@N00/2654231902

photo by anathea

 

 

相談内容

斗比主閲子様

はじめまして。

いつもブログ大変楽しく拝見しています。id:hagexさんの本も購入しました。今まで意識したことのなかった「釣り」の世界を知ることができ、世界が広がった思いがしました。 

※この奇書です。一章使ってtopisyuがHagexさんのインタビューに答えています。 

さて、身内の問題で非常にモヤモヤしています。是非、トピシュさんに解決していただきたく、メールいたしました。実家の問題です。モヤモヤポイントは2つあります。ひとつは妹夫婦の離婚問題、もうひとつは妹への私の気持ちです。

 

少し長くなりますが、生育歴から説明させてください。

 

<私の成育歴>

私は35歳女です。今は結婚して、大阪の、実家と同じ市に住んでいます。私の父はいわゆるクズで、暴力、借金、浮気等、様々な問題を次から次へと起こし、私は高校生の頃から鬱状態になり、ずっと精神科にお世話になっています。学歴は高卒です。夫はそれを承知の上で結婚してくれました。私は小学生の頃から夫に出会うまで、結婚だけはするまいと本気で考えていました。

私には5つ下の妹がいます。この妹は、大阪の地元の大学に進学し、就職。いわゆるブラック企業に勤めていたのですが、体を壊して退職後、今は養護教諭をしています。妹は、大学生時代から、母親に父親との離婚を迫っていました。妹は大学に入り、視野も広がり、実家がまともではないことに気づいたのでしょう。いつも、母に「なぜ離婚してくれなかったのか」と責めていました。色々あり、紆余曲折を経て、私が結婚後、母は父と離婚しました。

 

<妹の結婚>

さて、妹も結婚をする気はなかったのですが、私が結婚したのを機に、非常に焦ったようで、婚活し、結婚しました。私と妹は大変仲が良く、また、私にかつて結婚願望がなかったことから、妹は、「まあ、このままお姉ちゃんと年取ってもいいかな」等と考えていたようです。
妹は、若いときから、身内の私が言うのもなんですが、非常に綺麗で、大変モテていました。

しかし、妹自身は父親の事もありガツガツした男性が苦手(というか嫌い)。そこで、大手の婚活サイトに登録し、顔ではなく、趣味等が合い、お互いの結婚への価値観が会う人を探し結婚しました。妹の夫となったのは固い職業の人です。また、妹の仕事にも理解を示しており、この人なら大丈夫だと私も思いました。

 

<妹夫の借金の発覚>

妹は結婚すぐに妊娠。しかし、妹夫の借金等が発覚します。妹家は、家計から一定金額ずつ家計に入金し、各自5万円ずつ貯金する事になっていたそうです。しかし、妹夫に貯金は0。それどころか、結婚式に足りなかった資金を銀行に借金していました。

その事が発覚したのが、妹の里帰りの直前。妹は憔悴しきって実家に帰ってきました。数日後、妹夫は実家に弁明に来ました。その時、妹と母だけでは不安だったので、私も同席しました。

妹夫の言い分では、毎月の余裕資金は携帯ゲームですべて使った、とのことでした。そこで、妹夫のクレジットカード履歴を出させると、クレジットカードの使い道は携帯ゲーム会社だけではなく、有料動画サイトも含まれているようでした。これで毎月10万円。

この時2時間ほど言い分を聞いていたのですが、使い道含め嘘を5つは吐かれました。とりあえず、妹はなにも考えず出産に備えることにしました。

 

<妹の出産>

あとで話を聞いていると、妹は「それはモラハラなのでは?」という目にあっていました。妹は、なんとか無事に男児を出産し、まだ実家にいます。

母は「妹夫の家に帰るか、離婚するかどちらかにしろ」と妹に言っているのですが、妹は「急かさないでほしい」と言っています。その言い分は分からないではありません。

でも、食事や洗濯、掃除、買い物、ほとんど母がやっていますし、母も参っています。妹は何かというとメソメソ泣いており、暇さえあれば、離婚やモラハラのサイトを携帯で見ているそうです。また、「自分が変われば世界が変わる」「私が変われば妹夫も変わるかも」等と気持ちの悪いことを言っています。

妹夫は離婚するなら、妹が離婚したいのだから、慰謝料は無し。離婚後再婚するつもりなので、養育費もほとんど払えないと言っているそうです。

私は2時間の間に5回も嘘を吐くような、妹夫は嫌いです。母も、嫌っています。妹夫と妹の話は正直もう聞きたくありません。

しかし、母は心配だし、母のストレスも半端ではないので、話だけは聞いています。甥もかわいいけど、妹夫婦には関わりたくありません。

 

<解いてもらいたいモヤモヤ>

トピシュさんに解いてもらいたいモヤモヤは、

①妹はどうすればいいと思うか?

②私はどの程度、実家と関わればいいのか?

この2点です。

私は妹とこれまでずっと仲良くやって来たと思っていましたが、妹は「お姉ちゃんの病気のせいで妹の高校時代はひどいものだったのだから、お姉ちゃんは私の問題に協力すべきだ、しかし口は出すな」と思っていたのが今回露見し、ひどく傷ついています。

しかし、私としては今実家で同居している母は助けたいという気持ちがあります。ちなみに夫は、私の病気が悪くなる可能性があるので、妹には関わってほしくない、と思っているそうです。私も妹には関わりたくないけれど、母は放っておけないのです。

もしよろしければ、③妹が離婚する場合、どう離婚するのが妹にとって得だと思うか、も、ご教授いただけるとうれしいです。大変長くなってしまいましたが、まだ何か疑問等ございましたらおっしゃってください。

よろしくお願いいたします。自分の家庭の事なので、相談できる相手がおらず、非常に消耗しています。よろしくお願いいたします。

正直、私の個人情報をお伝えしても良かったのですが、トピシュさんとHagexさんのやり取りや、以前の相談者さんがgmailのアカウントをとっていたのを思い出し、トピシュさんには匿名でメールするのが礼儀かな、と思い、私もアカウントをとってみました。

よろしくお願いいたします。

匿名希望より

 

回答

匿名希望さん

わざわざgmail.アカウントを取得してご連絡いただきありがとうございます。こう申し上げると申し訳ないんですが、とても美味しい話で、少し消化に時間がかかりました。もちろん、喜んでモヤモヤ解説します。

お時間があれば、以下、お答え頂けると嬉しいです。

  1. 何か呼びやすいニックネームを付けさせてください。例えば、疲れはて子とかでもいいですか?
  2. ご自身は今どんな状態ですか? 働いているor専業主婦。働いているなら正社員か、派遣社員か、パートか。子どもはいるかなど。
  3. 旦那さんは匿名希望さんがうつ病だった過去を理解して結婚されたということですが、どういった出会いをされたんですか?職場での出会い??
  4. 妹さんは、"「それはモラハラなのでは?」という目にあっていました。"ということですが、具体的にはどんなことですか?
  5. 妹夫の実家はこんな事態になっていることを理解していますか?
  6. 妹さんが"「自分が変われば世界が変わる」"と仰っている背景は何かありそうですか?
  7. "妹夫は離婚するなら、妹が離婚したいのだから、慰謝料は無し。"と言ってきているということは、妹さんが離婚をしたいと言っているということですか?
  8. "母は心配だし、母のストレスも半端ではないので、話だけは聞いています。"というのは、お母さんから、匿名希望さんに電話がある状態ですか?
  9. "妹は私の病気のせいで妹の高校時代はひどいものだったのだから、私は妹に協力すべきだ、しかし口は出すな、と思っていたのが露見"というのは、これは直接妹さんから最近言われたことですか?
  10. 妹さんは出産・育児後再度働けるか?(職場の理解はあるか?)
  11. お母さんが住んでいる家は持ち家か? お母さんは収入源があるか?

上記教えてもらえるとモヤモヤ解消を正確にお手伝いできそうです。

ただ、お急ぎでもあるようなので、ご質問にも簡単にお答えしておきますね。

>①妹はどうすればいいと思うか?

妹夫が反省しており、改善の余地が見えているなら、子どもが生まれたばかりであり誰かの手が必要であり、お母様と匿名希望さんご本人の状態からも、今すぐ離婚するべきだとは思いません。

ただし、今回のトラブルについて相談できる人間が少なそうなのが心配です。事情が分かって信頼できる人間、例えば妹夫の実家による本件への介入などが必要だと考えます。

>②私はどの程度、実家と関わればいいのか?

メールを拝見して匿名希望さんのキャパシティはあまり大きくなさそうだと感じました。また、お母さんも典型的なデモデモダッテの人だと思います。従って、匿名希望さんが本件にこれ以上絡むのはあまりお勧めしません。

時々お母さんからの電話で愚痴を聞くのでも十分だとは思います。過去の色々があっても、家族であっても、そのために自分の人生や、最愛のパートナーとの生活を犠牲にするものではありません。

>③妹が離婚する場合、どう離婚するのが妹にとって得だと思うか

離婚時に得られるものは、相手が有責であれば慰謝料、そうでなくとも子の親権を持つ親の方は相手から養育費が取れます。弁護士でもないので以下は個人的な知見を申し上げているものとご理解ください。

本件では、有責の度合い、相手の懐事情から慰謝料を取るのはかなり難しいとは思います。妹夫の実家や職場を巻き込めばせいぜい数十万~ぐらい取れる可能性はあるでしょうか。

養育費については、妹夫はしっかりとした定職に就いているということであれば取りやすいはずです。とはいっても、養育費には相場があるので、妹夫の年収次第ではあります。月3万円前後ぐらいでしょうか。

以上です。

何かご不明な点があれば、何でも、思っていることを長文で送ってもらって、まったく問題無いですし、答えるのが辛いことはそう仰っていただいて結構です。

topisyu

 

相談者さんの返信

斗比主閲子様

返信ありがとうございます。母から毎日連絡があり、煮詰まっていました。美味しくいただいていただけそうで光栄です。

以下質問にお答えします。

  1. 何か呼びやすいニックネームを付けさせてください。例えば、疲れはて子とかでもいいですか?
    ⇛ 疲れはて子!今の私にぴったりですね。それでお願いします。
  2. ご自身は今どんな状態ですか? 働いているor専業主婦。働いているなら正社員か、派遣社員か、パートか。子どもはいるかなど。
    ⇛ 専業主婦で、子供はいません。(流産後精神が不安定になり、なかなかもとに戻りません)
  3. 旦那さんは匿名希望さんがうつ病だった過去を理解して結婚されたということですが、どういった出会いをされたんですか?職場での出会い??
    ⇛ 漫画みたいな出会いで恥ずかしいのですが、友人と遊びにいった時の写真を友人が夫に見せたところ、夫が私を紹介してほしい、といったそうで、その後みんなで飲み会にいった後でデートに誘われました。その時に、病気の事は話しました。過去の病気、というか、恥ずかしながら、今でも通院中です。
    私の病気は結局のところ、機能不全家族によるものですので、実家から離れるのが一番なのですが、高校生の時からの病気→ひどい時は解離状態で記憶が飛ぶ→とても就職できず、バイトが関の山→経済的に自立できない→実家から出られないという流れです。
  4. 妹さんは、"「それはモラハラなのでは?」という目にあっていました。"ということですが、具体的にはどんなことですか?
    ⇛ 箇条書きにします(他にもあったかもしれないが、忘れた)

    ・妊婦に荷物を持たない。
    ・妊娠中、きつい臭いが嫌なので、妹が柔軟剤を変えたところ、こっそりもとの柔軟剤に戻す。また、嫌がっているのに芳香剤を買って各部屋に置く。
    ・食べられないもの(卵豆腐の麻婆豆腐等)を無理矢理食べさせる。食べないと、「僕の作ったものが食べられないって言うの?君のためにやっているのに」とキレる。妹夫本人は食べない。
    ・妹が参加しなかった、妹夫実家の法事で、妹夫が親類から「奥さんはどうしたのか」と聞かれた際、「コレ(小指をたてる)がコレ(お腹がふくらんでいる)なので、おいてきた」と言っていた。それを妹は妹姑に知らされる。
    他の些細なこともたくさんあるのですが、モラハラは、はっきりと嫌がらせかどうか分からないので、なんとも言えません。

  5. 妹夫の実家はこんな事態になっていることを理解していますか?
    ⇛ 妹姑は、妹が出産し、退院しても、顔を見せに来たことはありません。一度妹が「仲介に入ってもらおう」と妹夫の実家に電話したところ、姑に「成人した子供の事に口を出す気はない」と言われたそうです。妹姑が妹夫に借金をしたか聞いたところ、妹姑は「したけど返さなくていいと言われている」と言っていたそうです。妹は「このままだと離婚調停になるかも」とも言ったところ、妹姑は「勝手にすればいいじゃない」とのたまったそうです。
  6. 妹さんが"「自分が変われば世界が変わる」"と仰っている背景は何かありそうですか?
    ⇛ スピリチュアル系の本に影響されているようです(怖い!)妹はちょいちょいそういう訳の分からないものにハマり、妊娠する前は冷えとり(靴下を五枚履いたりする)にハマっていました。
  7. "妹夫は離婚するなら、妹が離婚したいのだから、慰謝料は無し。"と言ってきているということは、妹さんが離婚をしたいと言っているということですか?
    ⇛ 妹が一度荷物を取りに夫と住む家に帰ったところ、妹夫に「一緒に暮らすなら、色々妹に直してもらわないと無理」と、妹にダメ出しを始めたため、妹が嫌になって「じゃ、離婚でいいじゃない」と妹から言ったそうです。
  8. "母は心配だし、母のストレスも半端ではないので、話だけは聞いています。"というのは、お母さんから、匿名希望さんに電話がある状態ですか?
    ⇛ ほぼ毎日あります。私は知り合いのの悪口を聞くのが苦手なので苦痛です。フィクションや、全く知らない人の話なら、どんなにどろどろな話でも平気なので、不思議なのですが。知っている人が嫌な思いをしているのがきついんでしょうね。
  9. "妹は私の病気のせいで妹の高校時代はひどいものだったのだから、私は妹に協力すべきだ、しかし口は出すな、と思っていたのが露見"というのは、これは直接妹さんから最近言われたことですか?
    ⇛ 妹は、妹が大学生の時から、嫌なことがあると私に電話してきていました(毎回1時間は越えていた)。でもまあ、それで気分が変わるならと、ずっと付き合ってきていたのですが、今回は母の話も聞いていましたので、キャパをオーバーし、「私やお母さんは、あなたの感情のゴミ箱じゃないんだよ」と言ったところ、「私だって、高校の時はお姉ちゃんの感情のゴミ箱だったよ!」と言われました。
    私の病気がひどいときに家族にかけた迷惑はずっと私の負い目でしたので、これは胸に刺さりました。それまでも、「お姉ちゃんのいいときに、弁護士探しておいてくれない?」と頼まれたりしていたので、体のいい便利屋扱いか、と思い、私は、「じゃあ、お互い、ちょっと距離をおこう。私も妹の話を聞くのは辛いし、そもそも私の問題じゃない。私にはどうにもならない。」と言ったところ、「そんなつもりじゃなかった」と言われました。「甥ちゃんにも会いに来て。いろんな人に会わせたい」とも。
    そんなつもりじゃなかった、と言われても、思っていないことは口からも出てこないし、それを盾にされ続けるのか、と思い、すっかり妹に「何とかしてあげたい」と思う気持ちは冷めました。それからは、妹の話は聞かないようにしています。
  10. 妹さんは出産・育児後再度働けるか?(職場の理解はあるか?)
    ⇛ 妹は養護学校の教諭ですので職場は女性が多く、産休、育休、時短等、福利厚生も手厚いので、ほとんどの女性がフルに活用しているようです。
  11. お母さんが住んでいる家は持ち家か? お母さんは収入源があるか?
    ⇛ 母の住んでいる家は持ち家です。母は60歳までは正社員で働いていましたが、今はパートです。しかし、もう年齢も年齢なので、妹が帰ってくるまでは、そのまま退職するつもりでした。妹が帰ってきてから、経済的な問題もあり、パートを続けています。

 

煮詰まっていたので、少し解決策を示していただいてホッとしました。

妹夫に反省の色はありません。「まだお金のこと言っているの?」という感じだそうです。また、甥の為にお金を使いたくないようで、妹夫の実姉が買って、使いづらかったから使わなかった、ベビーシートやベビーカーを持ってきているようです。

妹夫の実家は、前述の通り、当てになりません。妹夫のお金は当てにしているが、面倒事には関わりたくない、というスタンスのようです。妹夫に借りたお金は、妹夫の実妹の結婚式のお金に当てたそうです。

私の母も典型的なデモデモダッテですが、母に離婚を迫って離婚させ、自分は離婚に躊躇している妹の神経も理解できません。でも確かに、私のキャパシティも小さいし、私の家庭を犠牲にする気はありませんので、今後は関わらないようにします!

気持ちも振り回されないようにします。トピシュさんのおかげで方針がハッキリしました。今回もかなり長いメールになってしまい恐縮です。

疲れはて子

 

返信へのコメント

疲れはて子さん

質問への回答を受けた、詳細な返信をします。 

過去の病気、というか、恥ずかしながら、今でも通院中です。

私の病気は結局のところ、機能不全家族によるものですので、実家から離れるのが一番なのですが、高校生の時からの病気→ひどい時は解離状態で記憶が飛ぶ→とても就職できず、バイトが関の山→経済的に自立できない→実家から出られないという流れです。

今はご実家とは別に暮らしているんですよね? 原因が機能不全家族ということであれば、topisyuはプロじゃないですけれど、家族から離れるのが一番でしょうし、本件に関わらない方がいいというのは、これだけでも言えそうですね。

他の些細なこともたくさんあるのですが、モラハラは、はっきりと嫌がらせかどうか分からないので、なんとも言えません。

モラハラかは分かりませんが、妊婦相手によくやるわという感じはありますね。自分の妻のことを小指で表現するのもイマイチだし、それを、姑が嫁(妹さん)に伝えるのもおかしい。たぶん、妹夫家(妹義実家)も盛大にズレていますね。

妹姑は、妹が出産し、退院しても、顔を見せに来たことはありません。

それにしても、やはり、妹姑の反応が腑に落ちません。元々、妹夫と妹姑は折り合いが悪いのかもしれませんね。結婚式には参加したのだろうか?

(母からの電話は)ほぼ毎日あります。私は知り合いのの悪口を聞くのが苦手なので苦痛です。

お母さんからの電話を受ける回数は減らせるものなら減らしたいですね。疲れはて子さんは専業主婦で体も強くなければ家にいることも多いのでしょうが、例えば旦那さんに電話の途中でわざと呼んでもらうなどして、電話で話す時間を減らすようにするのはありだと思います。そして少しずつ電話を受ける時間を短縮していく。

「お姉ちゃんのいいときに、弁護士探しておいてくれない?」と頼まれたりしていたので、体のいい便利屋扱いか、と思い

これはこれで、意味のある発言だと思いますよ。疲れはて子さんにも負荷はかからなくなるし、本人が何らかの意図があったにせよ、弁護士に頼ってもらったほうが、お母さんにも負荷がかからなくなりますし。

そんなつもりじゃなかった、と言われても、思っていないことは口からも出てこないし、それを盾にされ続けるのか、と思い、すっかり妹に「何とかしてあげたい」と思う気持ちは冷めました。

思っていないことは口に出ないと思いますけど、思っていることが実は凄く軽いということもあります。いや、疲れはて子さんを非難しているわけではなく、妹さんは追いつめられているようですから、彼女としても、ついネガティブなことを言ってしまった可能性もあり、口に出したから本音として受け止めなくてもいいかなとは思います。

妹は養護学校の教諭ですので職場は女性が多く、産休、育休、時短等、福利厚生も手厚いので、ほとんどの女性がフルに活用しているようです。

母の住んでいる家は持ち家です。母は60歳までは正社員で働いていましたが、今はパートです。

であれば、離婚は基本的に問題なしですね。子どもを産んだ後の離婚が厄介になるのは、やはり養育できる経済力があるかどうかですから。

一応、以上詳細なコメントになります。まとめると、

  • 疲れはて子さんとして本件に絡まない方がいいのは変わらず。
  • この際だから信頼できる弁護士を誰か探して紹介してしまったほうがいいかもしれない。妹さんもお母さんもまともな精神状態ではなさそうだし、妹実家も舅以外は機能していなさそうだから、第三者に間に入ってもらった方が解決は早い。
  • 離婚については、妹夫が変わる余地は少ないだろうし、妹が変な判断をしなければこのまま離婚になりそう。

こんなところですね。ただ、話を聞いていると、どうも、この話には、どこかに歪みがありそうなんですよね。たぶん、疲れはて子さん自身のキャパシティの問題もあり、こういう揉め事が苦手で上手くご自分の中で整理できていないというのもありそうなんだけれど、妹さんから聞いている話もちょっとおかしいところがある。玉子豆腐で麻婆豆腐作る夫は、モラハラというより、何か他の問題を抱えていそう。

やはり、早急に誰かを間に入れた方がいいですね。

 

ちなみに、

また、甥の為にお金を使いたくないようで、妹夫の実姉が買って、使いづらかったから使わなかった、ベビーシートやベビーカーを持ってきているようです。

これはこれで、ただのお下がりな可能性がありますから、そんなに悪意で受け取らなくてもという感じでしょうか。意外とお金のかかるものだし、お下がりであればよくある話です。

私の母も典型的なデモデモダッテですが、母に離婚を迫って離婚させ、自分は離婚に躊躇している妹の神経も理解できません。

人間、他人のことはすぱっと切り分けられるんですけど、自分の心は簡単じゃないんですよね。

上の回答でよく分からないところがあったりしたら、気軽にメールしてください!

topisyu

 

解決編

斗比主閲子様

返信ありがとうございます。とりあえず、頂いたご質問にお返事いたします。

今は別に暮らしているんですよね?

はい。専門家にかかっていますので、大丈夫です。分かりにくい書き方になってしまい、申し訳ありません。

元々、妹夫と妹姑は折り合いが悪いのかもしれませんね。結婚式には参加したのだろうか?

話の本筋からはそれますが、トピシュさんは結婚式のお話はお好きなようですので、軽くお話しします。

※この時のtopisyuの心情「わー!やったー!!」

妹と妹夫の結婚式には、妹夫の親族は、妹姑、妹舅、妹夫の実姉妹のみが出席しました。妹夫の他の親族と、妹夫の実家の折り合いが悪い、という話で、それだけならよくある話ですので、流しました。

しかし、その後、妹夫実妹の一人の結婚式があったそうです(借金の理由になったものですね)。その妹夫実妹の結婚式には、妹夫の実家の親族が数多く参列し、結婚式自体も、大変豪華なものだったそうです(生花等から判断)。

また、妹夫の実妹に対して、妹夫の実家は結婚のお祝い、出産のお祝いを随分送ったそうですが(又聞きなのでどの程度かは分からない)、妹夫の結婚の際は、ほとんど何もなかったそうです。妹夫の実妹も、地元の優良企業に勤めていますので(麻生グループ)、妹夫の実妹がお金を持っていないから、という理由ではないようです。

それらの話からから、妹夫は、そもそも妹夫の実家から嫌われていたのではないか、あるいは、私の実家が見下されていたのではないか、というのが、母と私の見解です。

お母さんからの電話を受ける回数は減らせるものなら減らしたいですね。

これは、解決しそうです(後述)。

弁護士に頼ってもらったほうが、お母さんにも負荷がかからなくなりますし。

弁護士は、かなり早い段階で探し、「丸投げした方が良い」と妹にアドバイスしたのですが、妹には無視されました(なんだったんだろう)。

思っていないことは口に出ないと思いますけど、思っていることが実は凄く軽いということもあります。

これはすごく納得しました。トピシュさん、ありがとうございます。すごく軽いからこそ、傷ついたり、傷つけたりしてしまうんですよね。私自身は、なるべく口に出す言葉は注意するようにしていますが(自分自身の考えが軽薄なのは承知している)、他の人もそう、という訳ではありませんしね。

たぶん、疲れはて子さん自身がキャパシティの問題と、こういう揉め事が苦手で上手く自分の中でも整理できていないというのはあるんでしょう

おっしゃる通りです。いい歳をして情けなく、恥ずかしい限りです。

意外とお金のかかるものだし、お下がりであればよくある話です。

お下がりならよかったのですが、妹夫の実姉は、使いづらさのあまり、新調したのだそうです。(新調したもののお下がりではない)

 

さて、実は実家で一気に動きがありました。ここで動きがあるとネタの様だし、ご報告するかどうか迷いましたが、やはりトピシュさんにはご報告する事にします。(Hagexさんに釣り判定されそう)

結論から書くと、妹は妹夫のところに帰るそうです。長い夫婦喧嘩に巻き込まれた、という感じですね。

 

流れを箇条書きにします。

 

1.借金発覚後、妹夫にお金を持たせておくのが不安だった妹は、妹夫に、生活費を入れる口座に毎月10万円入金する事を妹夫に約束させる。妹はその内の5万円を実家に渡す事にする(妹自身が心苦しかった為)。

妹夫、うちの実家が妹夫にたかっていると文句。(たかっている、という言葉にビックリしました)

妹は、「5万円も入れてるんだから、お母さんも楽だよね」というニュアンスの事を言う。実際は、光熱費と、食費で持ち出しになっていたそうです(普段使わないクーラーとか、添加物なしの食品とかで色々お金がかかったよう)。

2. 妹夫、甥の顔をちょくちょく見に来る(しかし、「行く」と言われてキャンセルされることもしばしば。理由は、体調が悪い、実家の母に嫌われている気がするので、怖い、等。単純に面倒だっただけだと思います)。ある時、妹夫は声を荒げて、私の母に「(母と妹は)親子なんだから、娘(妹)の面倒を見るのは当たり前じゃない」と言う。母は「妹夫実家の対応を棚にあげて!」とひどく怒り、傷つく(父の事もあり、母は他人から怒鳴られるのが苦手)。

3. 母、妹夫と顔を会わせるのをやめ、妹に「妹夫の話は聞きたくない」と言う。

4.妹と妹夫、メール等で話し合ったらしい。

5. 母、ストレスで眠れなくなり、体重が減る。

6. 妹、母に「離婚はしたくないが、帰りたくもない。実家にいさせてほしい。」と頼むが、母は「そういうわけにはいかない。どちらかにしなさい」と言う。また、実家にいる間は、多少は家事をするように言うが、妹は聞かず。(ちなみにこのあたりのやり取りは何度となく繰り返されたそう)

7. 妹、妹夫のもとに帰ることにし、荷物をまとめている。

という流れだそうです。全く意味がわかりません。私は、母を通じて妹に、「しばらく付き合う気はない」と言うことは伝えてもらいました。バカバカしいにもほどがある。

これで一応、私と母のストレッサーは無くなることになります。これまでの数ヶ月は、一体なんだったんだろう。「Mr.&Mrs.スミス」や、「キルビル」を思い出しました。映画なら楽しめるけれど、モブキャラとして巻き込まれるのは御免ですね。

トピシュさんも読んでいらっしゃる「海街Diary」で、すずが、「男と女の間の事は、他人がどうこういっちゃダメなんだよ、たとえ家族であっても」というような事を言っていたのを思い出しました。 

※察する能力の高い人物ばかりが登場することで有名な海街diary。

まだ、妹夫婦には色々あると思いますが、もう一切関わりません!トピシュさん、本当にありがとうございました。これからも応援しています。トピシュさんと、トピシュさんのご家族が、健やかに過ごされます様、お祈りしています。

疲れはて子

 

締め

割れ鍋に綴じ蓋というか、結論だけ見れば、大山鳴動して鼠一匹ですが、巻き込まれた人たちからするとたまったものではないですよね。妹さんの心中も気になるところでしたが、メールからは相談者さんが限界になっている印象を受け、フェードアウトを推奨しました

途中で出てくる、妹さん夫婦の結婚エピソードから察するに、親類を巻き込んだ何かのトラブルが妹夫さんにはあった可能性があります。考えられるのは、親類に借金をした、妹夫は結婚が複数回目といったところでしょうか。妹夫に何か問題はありそうだったけど、結婚するまでは誰も気付かなかったというのも一つ教訓になります。

機能不全家族で育った場合、それが子どもにも連鎖することがあります。家族関係をどう構築したらいいか分からないというのが一つ。そして、もっと難しいのが、家庭で信頼関係を築くことができなかったために、人をどう信頼していい分からないというもの。

親に親の資格を問うべきだとは思いませんが、小学校の頃から家族は持たないと子どもに思わせるような生育環境が望ましいかといえば、それははっきりNoだと言えます。 

とにもかくにも美味しくいただきました。ご馳走様でした。

 

関連記事

一人小町 カテゴリーの記事一覧 - 斗比主閲子の姑日記

何か、モヤモヤがありましたら、etsuko.topisyu@gmail.comまでお送りください。大抵何でも美味しくいただきます。