斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

ウォッチャーと釣り師とストーカーの違い

topisyuの属性について、ウォッチャーとか、釣り師とか、(ネット)ストーカーとか言われることがあります。どれであろうが気持ち悪い人で間違いないですが、細かな区分について、あまり議論がされていない気がしたので、その三つがどう違うかを勝手に分けてみることにしました。

 

人口

ストーカー>ウォッチャー>釣り師

どれもあんまり表に出てこないから(出て来られるのも嫌だけど)人口がよく分からないですが、イメージは、日本国内でストーカーが5万人、ウォッチャーが1万人、釣り師が1000人ぐらい?

 

対象の広さ

ウォッチャー>釣り師>ストーカー

ウォッチャーは幅広い傾向。ジャンルは限定があるけど。釣り師はどちらかといえば複数の人間を対象にしますが、釣れる人数は結果的な数字。ネットストーカーは特定の人を狙う。

 

対象へのアピール

ストーカー>釣り師>ウォッチャー

ストーカーはアピールしてなんぼのところがありますね。一方で、ウォッチャーは対象に触らないことに矜持がある。

 

対象への好意

ストーカー>釣り師>ウォッチャー

アピールしたい人ほど好意はあるんじゃないですかね。そして、好意が転ずると憎悪になります。

 

気持ち悪い度

ストーカー>ウォッチャー=釣り師

どれも気持ち悪いことに変わりはないですが、見えている分、ストーカーは気持ち悪いという感情を抱くことができますね。

 

実害度

ストーカー>釣り師>ウォッチャー

ウォッチャーは時々拡散するのが厄介。でも基本は無害。釣り師の存在は人を信じられなくさせる。ストーカーは言わずもがなですね。

 

自分好き度

ストーカー>釣り師>ウォッチャー

ストーカーは相手が好きな自分が好きなんですよね。自覚がないだけ強烈。釣り師は釣られる人を愛しています。

 

対象への興味の持続期間

ウォッチャー>ストーカー>釣り師

ウォッチャーは息が長いですよね。10年選手がたくさんいそう。ストーカーはせいぜい5年ぐらいかな?釣り師は1年ぐらいだと思います。対象をコロコロ変える。

 

対象となった人の対処法

ストーカー: 触れない、情報を出さない、接触方法をカット、警察に相談
釣り師: 触れない
ウォッチャー: 情報を出さない、揉め事を起こさない

ウォッチャーは揉めているところに集まってくるので、インターネット上で揉め事は起こさない方がいいですね。アカウントは非公開で、写真なんかも出さない。

釣り師は、スルーするだけでOKです。釣れない魚は釣ろうとしません。

ストーカーは難しいですよね。まずは自分が気付いていることを伝えない方がいいと思いますが、アピールが強くなってくるとそれも難しいですし。プロに聞いた方がいいと思います。

 

締め

こういう風に分けて見ると自分は釣り師ですね。ウォッチャーのように対象に接触しないという矜持はなくて、接触した時の反応が見たいので。(ただ、最近のウォッチャーは対象に触ることを厭わないところがあるんですよね。)ストーカーほど特定の人物に深くて長い興味は抱きません。何回かのやり取りで傾向が分かったらそれでいいです。ストーカーするぐらいなら、パートナーや子供を一所懸命ウォッチします。

 

皆さんは、どれに分類されるでしょうか?

広告を非表示にする