読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

前の記事は本文を全削除しました

昨日投稿した記事は本文を全削除しました。はてなブックマークのトップページ等に表示されていて、アクセスされた方が記事がないとガッカリするでしょうから、記事自体は残しておきます。

 

削除の背景としては、昨日のこの記事を投稿後、言及先の方から、

母の記憶を消す方法 - 散るろぐ

トピシュさんがご指摘されたように、僕は理想の母親像をどこかに探しているのかもしれません。そして「斗比主閲子の姑日記」を、母というより、ある種、メンターのように感じながら見ていました。

それは「なぜ?」が無いからです。

僕の母は「なぜ?」だらけの人でした。トピシュさんの文章に「なぜ?」はありません。想像の余地がないんです。いつも事実だけを述べて憶測がひとつも入っていない。

僕のことも、アラを探せば、もっとひどいことがあったはずです。しかし論点を一歩も踏み外すことなく、事実のみを真っ直ぐな文章で書かれていました。だから余計に重く刺さります。むしろ恥ずかしい部分だけを抜き出してくれた方がよっぽど軽かった。

それが「斗比主閲子の姑日記」であり、トピシュさんの人柄だと感じています。

(中略)

どうか、そっと見守ってくださるよう、よろしくお願い申し上げます。

(真偽は別として)ほっこりエピソードを提供いただいたのと、ご本人がそっと見守って欲しいと仰ったからです。Googleキャッシュではまだ読めますが、追記内容にいずれ変わって、本文は読めなくなるはずです。

私はあなたの母親じゃない - 斗比主閲子の姑日記(Googleキャッシュ)

 

なお、

母の記憶を消す方法 - 散るろぐ

消えないよ。

こっち見てる。ふすまの影からなまはげがこっち見てるんだ。何回リロードしても管理画面の「姑」の通知を消せないんだよ…。

グーグルも消し方をおしえてくれない。肝心なときに役に立たないんだよ。インターネットは!

これについては、以下の手順がいいと思います。

  • 管理画面の通知は20を超えると古いものから消えていくので、サブアカウントを作成の上、ご自身の過去の記事に20ぐらい別々にスターを押す(もちろんブックマークでも可)
  • アクセス解析の言及の一覧については、これも1ページに表示される数が20なので、当該サブアカウントを使って20ぐらい自分のブログへの言及をする

以上で、既存の通知目に入らないようにできます。お友達にお願いするのもありです。サブアカウントの作成には注意が必要なので、公式の方法に準ずることをお勧めします。

サブアカウントについて - お問い合わせ - はてな

ただ、そもそも通知が送られてくると意味がないので、

上記の非表示設定をすると、確か、ブックマークはもちろん、スターも、ブログでの言及やidコールも通知が来なくなるはずです。それでも来るようだったら、はてなのサポートに問い合わせすることがお勧めです。大抵のことに2~3日で回答してくれます。

 

以前の記事で、 

ここまでブログを書く中で、それなりに色々経験してきて、余計なことはかなり知っている気がします。需要があるか分からないので、今回はほとんど書いていませんが、こんなことが知りたいみたいなことがありましたら、気軽に下のコメント欄にコメント頂くか、メール(etsuko.topisyu@gmail.com)をください。

と書いたとおり、相当どうでもいいことをたくさん知っていますので、気軽にメールしてください。

 

念のためお伝えしておくと、これまで、悪意も、豆知識の問い合わせも、記事の内容に関する疑問についても、どれについても一度もメールでもらったことがありません。

昨日の記事では、はてなのブックマークコメントで自分にアドバイスされている方もちらほらいらっしゃいましたが、100文字程度で伝えられても、こちらとしては意図がよく掴めない時もあります。また、はてなブックマークでのコミュニケーションは、Twitter以上に誤解を生じやすいものです。周囲に見られている状態で解釈の余地がない文章を書く必要がある一方、文字数は少ない。簡単にコミュニケーションができません。また、諌めるつもりでブックマークをしても、それは記事の拡散に貢献するだけです。

Webで誰にも見えるところで悪意を書く人を見かけると、Web上で悪意の応酬をしたいのかなとこちらは勘違いします(悪意の返報性)。何かあるなら、気軽にメールしてください。裏技的には、このブログのコメント欄は承認制にしていますので、こちらで非公開ということで質問して頂ければ、回答だけ自分が記載することも可能です。

今まで非公開のお願いをされたものを公開したことはありません。