読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

医者と大学生のどちらと結婚したらいいか、三角関係に悩む魔性の女

久々に、Troubleshooter(読売新聞の人生案内の英語版)からの紹介です。この相談は面白いですよ。ご自身ならどう回答するか考えてみて欲しい。

 

相談内容 

TROUBLESHOOTER / I’m spinning in circles about dealing with my love triangle - The Japan News

Dear Troubleshooter:

I’m a woman in my 20s working as a part-timer. I’ve been worried about my love triangle.

I’m the kind of person who gets bored easily, so I can’t date the same man for a long time. I felt quite disturbed after I was stalked by my eighth date, so now I’m seeing a psychosomatic specialist for treatment.

My doctor is single and he’s in his 30s. He feels reliable, and I’ve come to like him. He started driving me home, and he once tried to forcibly kiss me in the car.

I’m not sure how serious he is about us, so I started dating a student in his 20s. I met him by chance when I was waiting somewhere for a date with a man I met online. I mistakenly talked to the student, who I found to be cheerful and sincere.

He said to me, “Let’s get married after I graduate.” When I told the doctor about this new boyfriend of mine, he formally asked me to go out with him by saying, “Live with me with marriage in mind.”

Upset about the doctor’s proposal, the student told me: “He’s using his position as a doctor to take advantage of his patient’s feelings. I can’t forgive him.”

From a financial perspective, I want to marry the doctor, but I’m wondering if I can trust him. Should I continue dating the student?

何というか、どこまで正気かというか、これを新聞紙面に掲載した読売新聞には感心します。英語には翻訳されていますが、元は、読売新聞の人生案内に掲載されていたものです。

 

のっけからすごいですよね。

I’m the kind of person who gets bored easily, so I can’t date the same man for a long time. I felt quite disturbed after I was stalked by my eighth date, so now I’m seeing a psychosomatic specialist for treatment.

飽きっぽい女性で、同じ男性とは長く付き合えない。dateは日付の意味やデートという意味がありますけど、ここでは付き合った人と考えるといいですかね。8人目(訂正:ご指摘ありがとうございます。)の男性からストーキングされて困ったこともあったという。この時点で危険な匂いがプンプンする。

それで、今は心療内科に通っていたと思ったら、

My doctor is single and he’s in his 30s. He feels reliable, and I’ve come to like him. He started driving me home, and he once tried to forcibly kiss me in the car.

I’m not sure how serious he is about us, so I started dating a student in his 20s.

先生がこの女性を無理やりキスをして、まあ、職権乱用していて酷い話だと思ったら、彼女の方としても満更ではなかったものの、どれくらいその先生が自分との関係に真剣だったか分からなかったので、20代の学生と付き合い始めちゃった。

もう、ここで8割方の人が頭にクエスチョンマークが浮かんで、何が何やらで、その後の話は頭に入ってこないと思います。

結果としては、二人ともから求婚されちゃって、どっちと結婚したらいいかということを悩んでいて、この悩みを投稿したそうです。金銭的な面で考えたら医者のほうがいいかな?って。

以下、自分もコメントしますが、皆さんも、どう回答するか考えてみてください。

 

 

 

 

 

コメント

まず、この状態での判断というのが不適切ですよね。付き合うとか付き合わないとかそういう次元ではない。

元々は、惚れっぽいというか、惚られやすいというか、恋愛依存のようなところがあり、それで散々トラブルに遭ったがために、心療内科に通い始めたわけです。誰が通えと言い始めたか分かりませんが、もし、今後も同じようなトラブルを回避したいのなら、まずは、この点を改善するようにした方がいい。

自分はこういう問題の専門家でも何でもないですけど、こういう恋愛事でのトラブルメーカーな人というのは、自己肯定感に問題がありがちです。(逆を言っているわけではないのは注意。)自分が愛されているという自覚を持てない。自分に価値があると信じれないから、他人の求愛を信じられないわけですね。このケースでは、他人の愛情が信じられなくて、他人の愛情を測るようなことをする。他の人と付き合っちゃったり、自分のことを好いている人同士を競争させようとする。

これでたとえどちらを選んだとしても、元々の自己肯定感の低さは治療されていないから、恐らくは、また違う誰かのところにいくわけです。結婚しても「私って本当に愛されているのかな?」と考え続けて、愛情を試そうとする。そしていつか取り返しの付かないことになる。

自己肯定感の低さの原因というのは色々あるものの、原因が分かって、本人が自覚的になれば、また、変わってくるところはあります。初志貫徹というか、ちゃんと治療していただきたいですね。

 

この人、多分、これまで既婚者含めて付き合っていると思うんですよね。ほとんど無差別に手を出している感じだから。親や友達など近くにいる人は本当に心配するだろうし、たぶん、呆れ果てていて人間関係はボロボロになっているんじゃないかとも思います。

本人もそうだし、周りの平穏のためにも、ぜひ適切な処置を受けてほしいなと他人事ながら願う次第です。近くにいたら凄く困る。 

 

自己肯定感、持っていますか? あなたの世界をガラリと変える、たったひとつの方法 大和出版

※アンガーマネジメントの時にも紹介した水島広子さんの本。