読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

素人がプロの世界に巻き込まれる、ゆうきまさみ『でぃす×こみ』 沙村広明『波よ聞いてくれ』

ゆうきまさみさんのマンガが好きなんですよね。

 

最初にハマったのが『パトレイバー』で、次が『究極超人あ~る』。『じゃじゃ馬グルーミン UP!』も好きだし、『白暮のクロニクル』も読んでいます。『白暮のクロニクル』はようやく物語の核心が見えてきましたね。

何が好きかと言えば、淡々とした日常が進む裏側でドラマが大展開するところでしょうか。話の作り方が長期的視野に立っていて、無理がなく、丁寧で、いつも「いい仕事をしているなぁ」と惚れ惚れしながら読んでいます。キャラクターもいいですよね。可愛かったり、ぼーっとしていたりするけれど、切れ者が多い。

今回紹介する『でぃす×こみ 』 はゆうきまさみさんご自身も仰っているように意欲作で、BLマンガ家を主人公に据えたお話です。どんなお話かというと、少年漫画でのデビューを目指す高校生の女の子が、お兄さんが初めて描いたBLマンガの作者に仕立てあげられてしまって、あたふたしながらもBLマンガ家道を目指す?というもの。第一話+αが小学館のサイトで無料で公開されていますのでそちらをご覧になってください。

小学館:コミック 『でぃす×こみ 1』

毎回冒頭にBLマンガが数ページ描かれています。ゆうきまさみさんがBLを描くというだけでも衝撃なのですが、その数ページを有名なBL漫画家さんが色塗りを担当していまして、ヤマザキマリととりみきさんの『プリニウス』でのマリアージュのように、これがまた楽しみの一つになっています。 

プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)

プリニウス (1) (バンチコミックス45プレミアム)

 

※テルマエ・ロマエよりギャグ要素が少なめなので歴史好き向けだと思う。

一話一話は淡々としているけれど、何か大きなドラマが動き出しているんじゃないかと思わせるところはやはり職人の腕だなと感心しています。次の巻が読みたいマンガの筆頭作品の一つです。 

でぃす×こみ 1 (ビッグコミックススペシャル)

でぃす×こみ 1 (ビッグコミックススペシャル)

 

※この女子高生が主人公。右上の男性がそのお兄さん。 

 

今回、もう一冊紹介するのが、沙村広明さんの『波よ聞いてくれ』です。こちらは、ただのレストラン店員がラジオのパーソナリティに仕立てあげられるというお話です。こちらも第一話が無料で公開されています。

『波よ聞いてくれ』の単候本を読んでいて、これは既視感があるなぁと思って、頭に思い浮かんだのが『でぃす×こみ 』でした。主人公がプロの世界に、自覚なく、アクシデントで巻き込まれていくというところが共通点ですかね。

『波よ聞いてくれ』は何が素晴らしいって、まずは躍動感。『無限の住人』と違って現代日常物なのに、どうも登場人物たちが何かの達人ではないかと思わせるような動き方をする。必要以上に体にキレがある。みんな達人の目をしている。暗器を隠し持っていそう。

ただそれ以上に素晴らしいのが心理描写です。

波よ聞いてくれ

これは一巻のとある場面ですけど、「誰しも心が満たされている時に徹夜で占いサイトを巡ったりはしない」というのは至言ですよね。すごく価値のある言葉ではないけれど、深く頷いてしまう。

作者の沙村広明さんについては、ここまで女性の心理をトレースするのに長けている方というイメージはありませんでした。ただ、思い返してみると、『おひっこし』でも近い描写があったような気がします。ゆうきまさみさんにしても沙村広明さんにしてもヒット作を作られてきた方々です。今回紹介した作品は、これまでのお二方の作品の魅力に加えて、新しい領域を開拓しているように見られました。どれだけ読者を楽しませてくれるんだろうか。嬉しくてたまりません。

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)

波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)

 

※残念なデキるお姉さんのミナレさんが主人公。自分より年下なんだけど、姉御肌から年上に見てしまう。

プロの手による職場見学みたいな面もありますね。ぜひ、読んでみてください。面白いですよ。