読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

20代半ば、自称プライドの高いこじらせ系女子。「結婚相手は見つかるのか?」という相談

Twitterで、人に話せない話があればメール下さいとお願いしたところ、早速頂きました。

20代半ば、自称プライドの高いこじらせ系女子のPNカフェラテさんからの「結婚相手は見つかるのか?」という相談です。

前半はカフェラテさんによる相談パート、後半はtopisyuによる回答パートです。topisyuのパートは、歩くアドバイス罪のような内容になっていますので、もちろん読まなくても結構です。

http://www.flickr.com/photos/28112447@N02/6446071509

photo by nerosunero

 

相談

◆人物

私:

20代半ば。典型的なB型で好きなことに集中する計画的な事や貯蓄ができないタイプ。
細かい予定をたてるのが苦手で思いつきで行動する。用事はまとめてすませたい。
フリーのイラストレーターとして数年前に独立。
フリーになってからは家で仕事。あまり外に出たくない。
休みの日に買い物に行くくらいならアマゾンに任せ家で寝ていたい。

 

最近別れた彼:

会社員でプログラマー。
30代前半、几帳面で真面目、予定外のできごとが発生するとストレスを感じるタイプ。
出社時間の4~50分前には会社にいたい。
朝早くに起きてたてた計画通りに休日はすごしたい。用事はまとめずその日に計画を立ててすませたい。
アマゾン反対派。決まった時間に起床するため数十分でも多く寝たいという意味が理解できない。

双方年収は同じくらいです。

 

昔から典型的なA型タイプの几帳面そうな男子が好きで、そういうタイプと付き合ってばかりいました。
理由は自分の足りない部分(計画性や几帳面さ)を補ってくれるからだと思います。
しかし、そういったタイプは言い換えるとまめで、
毎日メールや必ず週末のデートなど「彼氏彼女っぽいこと」を望んでいるようで、私も最初はそれに応えようとがんばるのですがだんだんと疲れ音信不通→「俺の事本当に好きなの?」→そういうことを言われてしまうと私がもう無理だと感じる→自然消滅か破局 というのを今までお付き合いしてきた方ほとんどと繰り返してきました。
最近お別れした方は、上記の失敗を踏まえ最初にとりつくろうことはせず、私はこのように駄目な所がある人間なのだというのを度々主張し、それでもよければ、ということでお付き合いを続けてきました。
しかし時間が経つにつれ、同棲までいったにもかかわらず結局その人ともだめになってしまいました。

 

だめになった具体的なできごと

私が問題だったと認識している出来事

・住む家が決まった際に「家賃と光熱費は半額ずつ負担で」と言われ(家で仕事をしている私の方が家事の比重は多くなるはず…すわ将来は稼ぎや拘束時間と家事量を考慮せずにあとから修羅場フラグかこれはマウントをとらねば)と思い「家事もきっちり半分ですか?」と強めに言ったら雰囲気が悪くなった(これは自分の問題でもあると認識しています)
・キャパオーバーや計画外、想定外の事がおきるとあきらかに不機嫌になったり舌打ちしたりと一緒に居る人間からすると気分がよくなく、彼に対する色々が少し冷めていた
・ある日「これが普通じゃない?なんでこうしないの?」という風に強制してきたので、自分の常識を相手に強制する人は無理だと思った。(今までは「俺はこういうタイプ」といわれたら「そうなんだ(できたらあわせるよ)」というようなやりとりがあり強制されなかった)
・声を荒げたり周囲に発散するタイプだと分かり恐怖感を感じると同時に完全に冷めた


たぶん相手が私に対して思っていること(別れ話の言い合いの際などに言われたこと)

・俺の事を考えてくれない(ここ数日仕事がいそがしくて遅いのは知っているはずなのにそれに対する優しさなどがない)
・向こう(私)から甘えてくれない、アクションしてくれない(本当に好かれているのか不安)
・いろいろな用事をいっぺんに済ませたがったり家から出ないとかはちょっと……もっとこまめに動いてほしい
・言い合いになったら「なぜ自分ができていない事を人にしろというのか」など論点をずらし対抗するような言い方をする。そういう言い方は自分にとっては逆効果だと思う

 

一人の時間がなくてはと感じています。
しかし子供は欲しく、将来の孤独死も怖いので結婚はしたいなと思います。


うまくいかない自分の予想

・愛情が足りない/その人の事をそんなに好きではなかった(本当にスキだったらもっと心を砕きよい関係が築けるはず)
・私の感覚がおかしい(そのためふつうの人とは絶対うまくいかない。おおいにありえる)
・単純に恋愛<仕事のせい(このせいかも。しかしどうすれば)


具体的な相談

まとめると、今後トピシュさんのような円満な夫婦・家族関係(お姑さん問題は別にして)を作るにはどうすればいいのかというご相談になります。

・性格を変えるべきなのか(できるのか)
・相手のタイプを変えるべきなのか(今後も同じタイプを選びそう。もうそこから考え直すべきなのか)
・こんな私でもいいという奇特な人が現れるまで待つべきなのか(いるのか)


自分で改めて書きだしてみると「そんなに好きではなかったのでは」の結末でおわってしまいそうなのですが、その理論で行くと30年近くまともな恋愛ができるほど好きな人と出会えなかったということになります。
今後の30年で出会えない確率のが高い気がします。

プライドの高いこじらせ系女子のような気もします。
自分はなにもせずによい結果だけがほしいのでしょうか。こういう女につける薬はないのでしょうか。

あまり修羅場でも小町的でもなくつまらない相談で申し訳ないのですが、
もしよろしければ叱咤激励やアドバイスをいただけますと非常に嬉しく思います。
何卒よろしくお願い申し上げます。


PN:カフェラテ

 

回答

1.要約

最初に読んだ時は、恐縮ですが、大変よくある話だと思いました。相手と自分の価値観(何が大切か)が合わなかったということですよね?

結論から言えば、

①性格は変えなくてもいいが、相手を尊重することは覚える

②相手のタイプは別に変えなくてもいいが、こちらが尊重した時に相手が自分を尊重してくれるかどうかを見る(たまには違うタイプと付き合ってみると面白いかもしれませんが。出会いがあれば)

です。


2.説明

それぞれ説明しますね。

①については、そもそも性格なんて変えられません。

性格には価値観も含みます。自分の時間が大事だとか、ズボラとか、お金の使い方とかは、変えようと思っても変わりません。(変えられたらいいですが)

それは変えなくても、相手を尊重する習慣を身に付けるのはいいと思います。

 

色々書かれていますが、カフェラテさんが仰る通りズボラであり、彼に不満が溜まっていたとすると、カフェラテさんから、彼に対して折れたり、彼を尊重する機会が少なかったのではないかと推測します。

その背景は、相手も自分に対してやってくれていないから、自分だけが相手に寄り添うのは、損というか、平等じゃないという発想があったのではないかと推測します。もしくは、単に面倒か。

 

こういう発想が仮にあったとすれば、どんな人相手でも上手くやりようがありません。結婚生活は、特に子供ができたり、相手が病気になったり、相手の精神状態が変わったりで、必ずしも相手との関係性は同じではありません。必ず、山や谷があります。どんな夫婦でもです。

そういう時に、それをクリアーできるのは、お互いにちゃんと歩み寄れるかどうかです。相手からの歩み寄りも期待したいところですが、それは自分でコントロールできることではないので、まずはこちらから歩み寄ります。

 

その上で、②の話になります。こちらが歩み寄った後で、相手も自分に対して歩み寄ってくれるかどうか。そういう人物と付き合うほうがいいです。(それを見極める)

タイプはある意味どうでもよくて、とにかく、相手がカフェラテさんの意見を尊重してくれるかどうか。自分が尊重したことにちゃんと気付いてくれて、カフェラテさんを尊重してくれるかどうかです。

 

できれば、価値観は近しい方がいいと思いますけどね。海外の人との結婚は苦労する傾向があるのと同様に、あまりに価値観が離れすぎていると、妥協や尊重にも限界が出ます。こちら側が一方的に妥協や尊重をし続けなければならないのも避けたい状況です。それでは、自分の人生を生きられない。


3.結論

お互いに補完関係があるのはいいことです。ただ、その補完関係について、相手のいいところを認めない、相手の悪いところを補完しようと思わないのであれば勿体無い。

好きか嫌いかって、根本的な部分で許せない人であるならまだしも、その感情は、結構流動的なものです。20年も同じ好きな状態ではありません。例えば、一番長く付き合っている友人との関係を想像して頂いて、それが昔から何も変わらないということはないですよね?

結婚は長期的なものになるので、その観点では、ある程度条件が合うなら価値観のすり合わせができるかどうかを試します。まずは、①自分が相手の気持ちを思いやれるか、それに、②相手が応えてくれるかですね。

初めて?の同棲によるストレスもあれば、尊重する心の余裕もなくなるでしょうから、プライドを維持しながら、気軽に尊重できるような習慣を長期的に身に付けるとよろしいかと思います。

 

締め

カフェラテさんは皆さんのコメントもご覧になりたいということで、相談内容を公開することになりました。よろしければ他の方にもアドバイス罪を負っていただきたいところです。