読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

思わずシェアしたくなる『Cadot』(カド)に関する心温まる記事のまとめ

みなさん、Cadotをご存知でしょうか。Cadotと言えば、Facebookで心温まる記事をシェアしてイメージアップしたい層に絶大な支持を受けているバイラルメディアです。出所不明の泣ける話がよく掲載されています。

そういう話をシェアする人は残念ながら自分の周りにはいなかったため、これまであまりCadotには着目してきませんでした。

ここにきて自分がよく見るブログなどでCadotについて触れられていたので、せっかくなのでそれらの記事をまとめて紹介しておきます。

Cadot運営事務局 | cadot(カド)(URLはcompanyとなっていますが会社情報はなく、ライター名が英字で記載されています。)

電車男 

※ネットの心温まる話の先駆け。 

 

まとめ

エピソードがいかに心温まるかを解説したもの。

 

一つのエピソードに限定していかに「心温まるか」を解説したもの。

 

Cadotの心温まるエピソードを読んでいる人はhappyだという話。

 

Cadotがどんな心温まる会社によって運営されているかを解説。

 

Cadotの心温まる運営スタイルについて褒めているもの。

 

Cadotが心温まる引用をしていたというもの。

 

Cadotの心温まる記事を引用する時に気を付けたいこと。

 

Cadotの運営会社から心温まる問い合わせがきたというもの。

 

コメント 

Cadot本体を見る限り個人的にはほっこりするエピソードは特になかったのですが、上記に紹介した記事については大変心温まりました。

出所不明の心温まるエピソードを紹介したり、他サイトからの心温まる引用をするのは、クラウドソーシングのサービスを使えば外部のライターに安く発注できます。簡単ですから。おおよそ、一記事100円~500円ぐらいが目安でしょうか。

Cadotはすでに大人気ですから、マネをして今後も同じようなバイラルメディアが雨後の竹の子のように現れそうです。Facebookで心温まる話をシェアしたいほっこりする人は沢山いるでしょうし、Win-Winの関係が築けて大変心温まる話ですね。

 

関連