読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

斗比主閲子の姑日記

姑に子どもを預けられるまでの経緯を書くつもりでBlogを初めたら、解説記事ばかりになっていました。ハンドルネーム・トップ画像は友人から頂いたものです。※一般向けの内容ではありません。

「彼氏いない歴5年。好きになる人はみな既婚者。男性ウケはいい。でも、好きになれる独身者と出会えない」

今回も読者からもらったモヤモヤに軽めにコメントします。

 

彼氏いない歴5年。好きになる人はみな既婚者

斗比主閲子さんへ

私のモヤモヤは彼氏が出来ないことです。最後に彼氏がいたのは大学時代の5年前。社会人になってから出来ていません。

スマートで女性に慣れていて余裕のある人、育ちのいい人に惹かれるため、好きになる人はみな既婚者。既婚者と分かればそれ以上踏み込まないのでそこで終わるのですが、「好きかも→また既婚者だダメだ」を繰り返しています。

職場や周りにいる異性だとこんな感じが多いので、初めから独身と分かっている人を好きになろうと婚活を始めましたが、なかなか好きになれる男性が現れません。

パーティに行けば毎回「いいね!」はほぼ満票に近い数を貰えます。司会業をしているので相手を気持ちよく喋らせることや当たり障りのない会話は得意です。でも、もう一度話したいと思う人がいないのでカップリングさせずに帰るだけ。いつも同じではダメだと思い、一人の方と食事に行きましたが、BARで突然肩を抱き寄せられて、女慣れしていない不自然なタイミングにドン引きして、それから連絡拒否してしまいました。

今、独身で好きになれる人と出会うにはどうしたらいいのかを模索しています。社会人サークルで仲間からゆっくりと恋愛に? 行きつけのBARをつくってお客さんと? いっそ結婚相談所? とぐるぐるとしてしまい、正しく問題が見えてません。

このモヤモヤはどのように処理をしたらいいのでしょうか。書くことで少し整理出来たのですが、処理しきれず困っています。

お助けください!

Nさん

注:内容が大きく変わらない形で一部修正を加えています。

 

出会いは確率

彼氏でも、配偶者でも、友達でも、自分が誰か何らかの関係を持ちたいのであれば、

  1. 出会う機会を増やす
  2. 相手に求める要求水準を調整する
  3. 接点を持った相手と一定以上の関係になる技術を磨く

の3つのどれかもしくはすべてを実行することが実現性を高めることになります。確率論です。3つ目は問題なさそうなので、1つ目と2つ目の問題。

1つ目について、このお悩みの場合は、出会う機会を増やそうと動かれています。それでいいんじゃないかと思いますが、相手を婚活の場で探していたのはよくないですね。

婚活は結婚したい人がするものなので、お相手が恋愛したい人のニーズに必ずしもマッチするわけではありません。だから、方向性としては、社会人サークルやBARは妥当なところでしょうね。まあ、BARで女性を探す男性に碌な人はいないですけど。平気で自分が独身だと言うはず(偏見)。

 

○年間彼氏がいなくても問題はない

たぶん、このモヤモヤを読んで、特殊な経験・知見を積まれた方の中には「危うい!」と思う人がいると思うんですよね。どういうことかというと、Nさんが既婚者と不倫するんじゃないかって。

ご自身では、

好きになる人はみな既婚者。既婚者と分かればそれ以上踏み込まないのでそこで終わる

ということですが、相手が見つからないまま時間が経てば、既婚者に声をかけられたらそっち行っちゃうんじゃないかって危うさを感じる。

別に彼氏彼女を常時切らさないほうがいいなんてことはありませんが、

私って、甘えてますか?

※紙の本では、彼氏や彼女がいないことは(数字の上で)当たり前みたいなことも書いてます。

ただ、結婚でも恋愛でも、初めてだったり、時間が空いていたりすると、自分の中で妙なこだわりが頭の中を占めていることがあるんですよね。現実と擦り合わせる機会がないから。ここで2つ目に繋がる。

老婆心というか、ナマハゲ心でいえば、とりあえず、手近で後腐れない人に彼氏になってもらって、「5年間、彼氏がいなかった!」という、自分の頭の中のカウンターを一旦リセットすることをお勧めしたいところです。

そうすると、自分の中でのこだわりが現実と擦り合わせられて、また違うものに変わってきます。相手に求めるものが「女性慣れしている」「育ちがいい」よりもっと具体的なものに変わる可能性がある。

 

締め

泥沼の不倫の後とか、長いこと付き合った後とか、処女を失った後とかで、サクッと結婚する人がいるというのは、自分の中でこだわりが消え、パートナーに求める基準が明確になったからじゃないかなと私は考えています。ある主、厄が落ちたみたいなところがある。

「長年付き合った彼氏と破たんしているのを認められない友人Aが、別の友人Bが前彼と別れてすぐに結婚したのを快く思っていません。AによるBへの悪態をできるだけ想像してもらえますか?」 - 斗比主閲子の姑日記

別に、○年間彼氏がいない、彼氏いない歴=年齢でも何も問題はないけれど、何か問題があると自分が思っているとか、自分の中で妙なこだわりを持ち始めているということであれば、カウンターをリセットしてみるのはお勧めしたいところです。